カナダグースを凌駕!ARCTIC EXPLORER(アークティックエクスプローラー)とは?

Pocket

出典https://www.instagram.com/p/B4Mgg2YIWZT/?utm_source=ig_embed

カナダグース以上のダウンジャケットブランド

 

この投稿をInstagramで見る

 

Arctic Explorer Russian North(@myarcticexplorer)がシェアした投稿

「カナダグースを凌駕する」というフレーズは散々耳にしてきたLAITER読者諸兄も多いかと思います。

「ウールリッチのアークティックパーカーもカナがグース越えのダウンジャケットって煽ったよね?」と言われれば言葉になりません。

確かに、アークティックパーカーも素晴らしいダウンジャケットなのですが、カナダグースを凌駕するどころか、追いついていない感じは否めません。

アークティックパーカーはカナダ製ではない

WOOLRICH JOHN TICH & BROS.

アークティックパーカーがカナダグースに追いつけなかった大きな理由は生産国にある様に感じます。

最初はアークティックパーカーもカナダ製だったのですが今はベトナムや、モルドバ、中国がメイン。

明らかなコストダウンを図ったにも関わらず、金額は相変わらず10万円オーバーは流石にどうなの?と感じるLAITER読者諸兄が多いことも頷けます!

LAITER

出典https://www.instagram.com/p/BO9REKjjzcw/?utm_source=ig_emb…

ARCTIC EXPLORER Chill

しかし、今回ご紹介するのはマイナス40度に達することも珍しくないロシア発のダウンジャケットブランドです。

北極探検隊の防寒着を作るプロスペックダウンジャケットブランドARCTIC EXPLORER(アークティックエクスプローラー)に迫ります。

ARCTIC EXPLORER(アークティックエクスプローラー)とは?

2013年に設立されたロシアブランド

 

この投稿をInstagramで見る

 

Arctic Explorer Russian North(@myarcticexplorer)がシェアした投稿

アークティックエクスプローラー歴史・沿革

・創業:2013年
・発祥:ロシア
・創立者:クセニヤ・チリンガロフ
・創立者のクセニヤ・チリンガロフが自身の父の功績に敬意を評してスタートしたブランド。-30℃まで対応できる防寒性や耐水性

アークティックエクスプローラーはロシアで設立されたダウンジャケットブランドです。

 

マイナス40度にもなるロシアの寒さに耐える事の出来るハイスペックなダウンジャケットを生産するブランドで、北極探検隊の為のダウンジャケットも手掛けています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Arctic Explorer Russian North(@myarcticexplorer)がシェアした投稿

創業者はクセニヤ・チリンガロフ氏。

彼女の父である、アルトゥール・チリンガロフ氏はロシアの極地探検家であり科学者。

敬愛する父の仕事がプロスペックダウンジャケットをローンチするきっかけになったことは間違いないそうです。

 

ARCTIC EXPLORER(アークティックエクスプローラー)の特徴は?

抜群の保温性

ARCTIC EXPLORER CHILL

アークティックエクスプローラーの最大の特徴は圧倒的な保温性です。

マイナス30度まで耐えられる驚異的な保温性を持つ、ダウンジャケットなのでインナーはTシャツ1枚でも十分。

防水加工が施されたファブリックを使用しているのでライトなレインジャケット的な役割も果たしてくれます。

無骨なデザイン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Arctic Explorer Russian North(@myarcticexplorer)がシェアした投稿

ワークテイストなラギッドなデザインもLAITER読者諸兄好みのはず。

ウェアであることは間違いないのですが、どこかギア的なムードの漂う点もアークティックエクスプローラーの魅力。

Tシャツの上にラフに羽織るスタイルは無敵ですが、あえてドレススタイルに合わせてもスタイリッシュです。

ロシア製

ARCTIC EXPLORER

ロシアメイドのブランドもかなり珍しいように感じます。

ロシア製という珍しさもアークティックエクスプローラーの魅力ではないでしょうか?

確かなつくり

 

この投稿をInstagramで見る

 

Arctic Explorer Russian North(@myarcticexplorer)がシェアした投稿

ソビエト時代に軍隊や探検家のためのウェアを作っていた工場ですべてのアイテムを生産している為、クオリティに関しては全く問題なし!

因みにアークティックエクスプローラーのダウンジャケットはすべて裏地が2枚重ねになっているそうです。

アークティックエクスプローラーのブランドロゴは?

砕氷船(さいひょうせん)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Arctic Explorer Russian North(@myarcticexplorer)がシェアした投稿

アークティックエクスプローラーのブランドロゴは、砕氷船がモチーフです。

極寒地で着用可能なプロスペックダウンジャケットだという意味合いと、彼女の父親であるクセニヤ・チリンガロフ氏の職業が関係しているように感じます。

ARCTIC EXPLORER CHILL

クセニヤ・チリンガロフ氏曰く「冒険家を象徴するジャケットが作りたかった」そうです。

事実、アークティックエクスプローラーは極寒地で作業をするワーカーにも着用されています。

アークティックエクスプローラーの価格帯は?

7万円台から


7万円台から購入可能です。

カナダグースよりも少し安く感じます。

このクオリティにダウンジャケットならグッドプライス。

コスパに優れていると言えます。

アークティックエクスプローラーはどこで買えるの?

有名セレクトショップ

ARCTIC EXPLORER

2018年に本格的に日本での取り扱いが始まったアークティックエクスプローラー。

有名セレクトショップは勿論、ZOZOTOWN等のオンラインショップでも購入可能です。

 

アークティックエクスプローラーの人気アイテムは?

CHILL(チル)

ARCTIC EXPLORER CHILL

コットン混ポリエステルのシェルとロシアンラクーンのファーをあしらったフードが特徴的なアイコニックモデル。

ファーストアークティックエクスプローラーとしてもおすすめ。

SPECNAZ(スペツナズ)

ARCTIC EXPLORER SPECNAZ

ショートレングスのタフなムードのモデル。

ラギッドなストリートスタイルに間違いなく似合います。

何処かミリタリーテイストが漂うアイテム。

MONSTER(モンスター)

レイヤードで防寒を図る米軍の規格、ECWCSの最高位に当たるレベル7のモデルをイメージしたハイスペックモデル。

ミリタリーテイストの強いアイテムですがどこかノーブル。

大人のストリートスタイルに最適です。

大ブレークの予感しかしないアークティックエクスプローラー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Arctic Explorer Russian North(@myarcticexplorer)がシェアした投稿

2018年に本格的な展開が始まったアークティックエクスプローラーですが、既にファッションセレブやファッショニスタを中心に熱狂的なファンを増やしています。

プロスペックダウンジャケットを代表するカナダグースと双璧をなすのも時間の問題のように感じます。

ARCTIC EXPLORER CHILL

一般的にはまだそこまで知名度が浸透していないので、こだわりの強いLAITER読者諸兄には最適です。

日本では完全にオーバースペック気味ですが、その方が色気があるとは思いませんか?

媚びないモテスタイルには最適です。

LAITER

出典https://www.instagram.com/p/Bm1ARCYHy29/ 目次 1 最強アウターのダウン2 …

 


laiter powered by BASE

ファッションWEBマガジンが展開するオリジナルロゴブランドです。ユニセックスで展開するTシャツ、スウェットをメインに販売…

LAITER

出典pinterest 目次 1 カナダグース(CANADA GOOSE)の勢いは止まらない2 カナダグースが注目を集め…

 

この記事を書いた人

角谷良平
角谷良平
どっぷりファッション関係。ロンドンにて古着バイヤー、スタイリストを経てLAITERディレクターに。ファッションライター、コラムニスト、ファッションディレクターとなんでも屋。ハイブランドからストリートstyleまでメンズファッションに幅広く精通。

https://www.instagram.com/ryoheysumiya/