キャロルクリスチャンポエル(Carol Christian Poell)孤高のアルチザンブランドに迫る!

Pocket

出典pinterest

キャロルクリスチャンポエル(Carol Christian Poell)とは?

1996年秋冬からブランドスタート

SHELTER Ⅱさん(@shelter__2)がシェアした投稿

キャロル クリスチャン ポエル(Carol Christian Poell)は、1996年の秋冬からスタートしたブランド。

創立者でデザイナーは、キャロルクリスチャンポエル。

キャロルクリスチャンポエルは、1966年にオーストリアのリンツで生まれます。

キャロル クリスチャン ポエル (Carol Christian Poell)

lift-net.co.jp

父親は、テーラーを営む父の影響で、幼い頃からファッションに関心の強かったポエルは、オーストリア・グラーツでファッションを学びます。

その後、ベネツィアのファッションコスチューム総合大学へ進学、紳士、婦人服のテーラーに関する学位を習得。

更に、ミラノのドムスアカデミーでもテーラリングを学びます。

テーラリングに関してスペシャリストといっても過言ではない、ポエルは、自身のブランドをローンチするまで、イタリアでフリーのデザイナーとして活躍。

1995年に、パートナーである、セルジオ・シモン(Sergio Simone)と共に、キャロルクリスチャンポエルを設立。

翌年からメンズコレクションを発表しデビューを飾ります。

スポンサー リンク

1998年からレディースラインをスタート

メンズからスタートしたキャロルクリスチャンポエルは、1998年からレディースラインをスタートさせます。

現在メンズライン同様にファッションセレブを熱狂させています。

2000年からランウェイコレクションを中止

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lift étageさん(@lift_etage)がシェアした投稿

ランウェイコレクションを中止した理由に、芝居がかってしまう事を挙げていますが、モデルを使用した、ランウェイコレクションには、莫大な費用がかかります。

つまり、資金面の負担が大きい事が、コレクション中止の最も大きな要因のように感じます。

ランウェイショーが滑稽に感じたという意見には頷けますが、基本的には、やり方です。

シンプルに服を見せるだけに徹して、コレクションを行っているブランドは、少なくありません。

「コレクションに価値を見出せない」等の発言は、資金的にコレクションを行うことが厳しいブランドの使う常套句です。

スポンサー リンク

ブランドの特徴は?

テーラリングの美しさ

キャロル クリスチャン ポエル (Carol Christian Poell) テーラリングの美しさ

darklandsberlin.com

学校で正式にファッションの教育を受ける前に、父親からテーラーの基礎を学んでいたポエルは、テーラーとしての腕は一流。

解剖学を理解して身体に沿うように仕立てられる、ポエルのテーラードジャケットは多くのセレブレティを魅了し続けています。

ハイエンドなレザープロダクト

@con_tinuumがシェアした投稿

レザージャケットを中心とした、ハイエンドなレザープロダクトは、キャロルクリスチャンポエルの看板アイテム。

デストロイ加工や、ベジタブルタンニングによって表情豊なレザーマテリアルを使用した、レザープロダクトはファッションセレブ御用達アイテムです。

ハリウッドセレブにも、キャロルクリスチャンポエルのレザープロダクトの愛用者が多いことは有名な話。

アイコニックなブーツ

キャロルクリスチャンポエルのアイコニックアイテムともいえるブーツ。

履きこんだような、ヴィンテージ加工が施された、ブーツは毎シーズン高い人気を誇っています。特にジップアップブーツは、キャロルクリスチャンポエルの、アイコニックシューズでもあります。

スタイリッシュではあるのですが、履きやすいとは言い切れません。

履き心地よりもスタイリッシュさを重視したブーツです。

キャロルクリスチャンポエル(Carol Christian Poell)の評価は?

玄人から絶大な支持を得るブランド

Lift écruさん(@lift_ecru)がシェアした投稿

キャロルクリスチャンポエルは、ファッションを生業とする、スタイリストや、ファッションエディターから絶大な支持を得るブランドです。

20年以上ブランドを継続し、確固たる地位を築いた、アルチザンブランドの雄としても知られています。

何処で買えるの?

リフト(Lift)

Lift écruさん(@lift_ecru)がシェアした投稿

感度の高いセレクトショップで取り扱いのあるキャロルクリスチャンポエルは、日本では、リフトで購入する事ができます。

リフトは、アルチザンブランドに強い、セレクトショップとして、ファッションフリークの間で絶大な支持を得ているセレクトショップです。

m.a+やカルペディエム等の取り扱いがあることでも知られています。

Lift écru
17-5, #201 Daikanyama-Cho,Shibuya-ku, Tokyo 150-0034
Tel : 03-5459 -0635 | e-mail : ecru @lift-net.co.jp
Lift étage
16-5, 1F DaikanyamaCho,Shibuya-ku, Tokyo 150-0034
Tel : 03-3780 -0163 | e-mail : etage@lift-net.co.jp
Lift showroom
16-5, 101 Daikanyama-Cho,Shibuya-ku, Tokyo 150-0034
Tel : 03-3780-6820 | e-mail : showroom@lift-net.co.jp

http://www.lift-net.co.jp/menu.html

スポンサー リンク

アルチザンブランドとは?

職人が手掛けるブランドの総称

SHELTER Ⅱさん(@shelter__2)がシェアした投稿

アルチザンブランドとは、”職人が手掛けるブランド”との意味があり、ラグジュアリーブランドとも、ストリートブランドとも異なる、独自のスタンスを持ったブランドの事を指します。

アルチザンブランドはモードブランドでありラグジュアリーブランド

最近ではブランドのカテゴライズはかなり曖昧で、アルチザンブランドの多くは、モードブランドに属し、ラグジュアリーブランドと呼んでも差し支えはないかと思います。

ブランドのカテゴリーが曖昧になっている理由は、ラグジュアリーブランドの若年化が関係しています。

ラグジュアリーブランドのデザイナーが、若くなる事で、ブランド自体が若くなります。

更に、ファッション界は空前のストリートスタイルブーム真っ只中です。

90年代スタイルや、ユースカルチャースタイルは、今ではラグジュアリーブランドからもリリースされ、ビッグトレンドとなっています。

アルチザンブランドが何故モードブランドに属すの?

Gucciさん(@gucci)がシェアした投稿

ラグジュアリーとストリートはかなり曖昧な今のファッション。

しかし、何故、アルチザンブランドが、モードブランドに属すのか?

その理由は、アルチザンブランドは、ミニマムなデザインが多く黒を基調としたスタイルが多いことが要因です。

”黒=モード”のイメージは世界的にも浸透しており、特に日本では、コムデギャルソンの影響も強く、オールブラックといえばモードと言われるほど根付いています。

更に、アルチザンブランドと呼ばれるブランドには、モードブランドが含まれる事も少なくないからです。

モードブランドである、リックオウエンスも、アルチザンブランドを好んでセレクトする、ハイエンドなショップで扱われる事も多く、アルチザンブランドとしての扱い受ける事も珍しくありません。

アルチザンブランドをラグジュアリーブランドと呼んでも差し支えない理由

Lift écruさん(@lift_ecru)がシェアした投稿

では最後に、アルチザンブランドが、ラグジュアリーブランドと呼ばれる理由は、アルチザンブランドの価格が大きく関係しています。

アルチザンブランドの多くは、職人の手作業で完成するプロダクトが殆どです。

その為、大量生産は不可です。更に、素材にかなりこだわるブランドも多く、マテリアルだけでも、ラグジュアリーブランド以上のハイエンドな素材を使用することも珍しくありません。

カルペディエム バックジップミドルブーツ

【C-DIEM】カルペディエム バックジップミドルブーツ ベビーカーフ ブラック シューズ
価格:163080円(税込、送料無料) (2019/3/1時点)

楽天で購入

 

その為、金額も、ラグジュアリーブランド以上になる事もざらにあります。

今回ご紹介させていただいた、キャロル クリスチャン ポエルのライダースも50万円オーバーは当たり前です。

つまり、アルチザンブランドは、ラグジュアリーブランドと呼んでも全く問題はありません。

キャロルクリスチャンポエル(Carol Christian Poell)とアルチザンブランドについて

ファッションフリークが辿り着く終着点

Lift écruさん(@lift_ecru)がシェアした投稿

ファッションフリークや、ファッションの玄人から絶大な支持を得る、キャロルクリスチャンポエル。

一般的にはそれほど名前の浸透していない、ブランドですが、ファッションフリークが最後に到達するブランドである、アルチザンブランドの雄です。

Lift écruさん(@lift_ecru)がシェアした投稿

ラグジュアリーブランドと変わらない金額の云わばマニアックなブランドであるアルチザンブランド。

マニアックなブランドに高い金額を払うほどの価値が、キャロルクリスチャンポエルの最大の魅了ではないでしょうか?

「着心地も凄くいいんでしょ?」といわれる事がありますが、「その通り!」とは胸を張って言えない点もアルチザンブランドの魅力であり特徴と、私は考えています。

理屈なんてなく単純にかっこいい!それだけでいい。

そこに大金を払う事が、アルチザンブランドフリークの醍醐味です!

理由なんて後から決めればいい!そう思って50万円オーバーのアウターを買うことこそ真の服好きであり、着道楽なのはないでしょうか?

【合わせて読みたいお勧め記事】

スポンサー リンク


メンズファッション ブログランキングへ

 

この記事を書いた人

角谷良平
角谷良平
どっぷりファッション関係。ロンドンにて古着バイヤー、スタイリストを経てLAITERディレクターに。ファッションライター、コラムニスト、ファッションディレクターとなんでも屋。ハイブランドからストリートstyleまでメンズファッションに幅広く精通。

https://www.instagram.com/ryoheysumiya/

Twitter でフォロー

メンズファッションブログランキング

ページ上部へ戻る