さんタクでキムタク着のVANSON(バンソン)とは?

Pocket

VANSON(バンソン)とは?

 

View this post on Instagram

 

Vanson Leathersさん(@vansonleathers)がシェアした投稿

バンソンは1974年創立のアメリカのモータサイクルブランド。

創立者はMichael Van De sleesen

ボストン大学を卒業したMichael Van De sleesenは22歳の若さでVanson Associates Inc (バンソン・アソシエイツ)をローンチします。

最新テクノロジーを駆使したハイクオリティなレザージャケットは、プロレサーの間で話題となり、バンソンはプロ御用達ブランドとして、揺るぎない地位を獲得します。

スポンサー リンク

Vanson Associates Inc(バンソン・アソシエイツ) 倒産

 

View this post on Instagram

 

Vanson Leathersさん(@vansonleathers)がシェアした投稿

1978年のオイルショックの影響で、業績が悪化。1983年にバンソン・アソシエイツは、倒産します。

しかし、1984年、フレッドワイズにより見事復活を遂げます。その時、社名をVanson Leathers(バンソン レザーズ)に変更、現在に至ります。

1980年代後半には本格的に、モータサイクルレザージャケットの分野に進出。アメリカは元より、ヨーロッパのバイカーからも絶大な支持を獲得します。

こうしてバンソンはアメリカを代表する、レザージャケットブランドとして、その名を世界中に知らしめます。

スポンサー リンク

90年代日本でも大ブレーク

ハードアメカジブーム到来の1990年代に、バンソンのレザージャケットは、日本でも大ブレークを果たします。リーバイスのヴィンテージデニムに、バンソンのライダースを合わせる、いわゆる”渋カジ”スタイルが、20代のファッショニスタを中心にトレンドとして確立。

当時完全アメリカメイドで生産されていた、バンソンのライダースは、同じく、アメリカメイドで生産されていた、ショットのライダースの約2倍の金額。

スポンサー リンク

10代のヤングファッショニスタにとっては、まさに高嶺の花。その為、バンソンのライダースを羽織ることは一種のステイタスでした。

LAITER読者諸兄にとっても、バンソンのライダースの特別な感情抱く御仁も多いのではないでしょうか?

スポンサー リンク

今、バンソンのライダースが注目を集めている理由は?

シュプリームとのコラボレーション

 

View this post on Instagram

 

Vanson Leathersさん(@vansonleathers)がシェアした投稿

アメリカを代表するレザージャケットブランドのバンソンが今、ヤングファッショニスタを中心に大きな話題となっています。その理由は、シュプリームとのコラボレーションです。

世界で最も入手困難なスケーターブランドのシュプリーム。ファッションセレブのSNSでもお馴染みの、シュプリームとコラボレーションでライダースをリリース。人気のスカルボーンパターンをベースとした、ヴィンテージライクのライダースは、2017年のメインアイテムとしてリリースされました。

これにより、バンソンに袖を通したことのなかった、シュプリームのカスタマーも関心を示すようになり現在のブームを巻き起こしています。

90年代ブーム

トレンドの90年代ハードアメカジブームもバンソンブームの大きな要因となっています。90年代を代表するアイテムでもあるバンソンの革ジャンは、羽織るだけで90年代トレンドコンシャスな着こなしが完成します。

ネオ渋カジとも称される、ラグジュアリーストリートスタイルにもマッチする、普遍的アイテムのバンソンのライダースは、シュプリームとのコラボレーションアイテムは勿論、ヴィンテージライダースも注目を集めています。

2019年さんタクでキムタクも着用

 

View this post on Instagram

 

LAITER-mens 30s style magazineさん(@laiter_mensofficial)がシェアした投稿

さらに今後、バンソンのライダースは間違いなく注目を集めます。その理由は、2019年1月1日に放送された、新春人気番組である、さんタクにて木村拓哉氏が着用したからです。

さんタク2019にて、木村氏が、自慢のハーレーに跨り、明石家さんま氏とツーリングを楽しんだ際に着用されていたスカルボーンのライダースが、バンソンのアイテムです。

シュプリームとのコラボレーションモデルのように見受けられますが、木村氏が着用したボーンスカルライダースは、バンソンのオリジナルモデル。現行ではなく、ヴィンテージのスカルボーンライダースを着用されていました。

着用したアイテムが、必ず完売することでもお馴染みの、木村拓哉氏。今回はヴィンテージアイテムの為、入手することすら非常に困難ですが、価格自体が高騰することは間違いありません。

シュプリームとのコラボレーションライダースも勿論、スタイリッシュなのですが、オリジナルのヴィンテージライダースの方が無骨でラギッドなムードを醸します。LAITER読書のラギッドな諸兄には、ヴィンテージのオリジナルバンソンジャケットは間違いなく似合います。

一生モノとして気長に探してもいいアイテムではないでしょうか?

スポンサー リンク

VANSON(バンソン)は普遍的な男のブランド

シュプリームとのコラボレーションや、90年代ブーム、さらに木村拓哉氏の着用で、注目度が確実に高くなったバンソン。しかし、バンソンは、単なるトレンドブランドではありません。

40年以上ハイクオリティな、レザージャケットをつくり続けてきた、アメリカを代表するライダースブランドのバンソンは、ラギッドなメンズにとって間違いなく普遍的なブランドです。

一生モノのタフなライダースをお探しの御仁には確実におすすめのブランドです。

【おすすめ記事】


メンズファッション ブログランキングへ

この記事を書いた人

角谷良平
角谷良平
どっぷりファッション関係。ロンドンにて古着バイヤー、スタイリストを経てファッションライター&シンガーソングライターとして生きてます。liter専属ライターであり、なんでも屋。ハイブランドからストリートstyleまでメンズファッションに幅広く精通。

https://www.instagram.com/ryoheysumiya/

Twitter でフォロー

メンズファッションブログランキング

ページ上部へ戻る