木村拓哉参戦!帰れま10でキムタクが着ていたパーカーのブランド大公開

Pocket

木村拓哉が2019年も帰れま10に参戦

東野圭吾氏原作の映画”マスカレードホテル”が1月18日よりロードショーとなります。映画のPRで様々なメディアに登場している木村拓哉氏。2019年も帰れま10に参戦しました。

バラエティ番組に登場すればやはり話題となる木村拓哉氏の衣装。今回は古着ライクなビッグシルエットのプルオーバーパーカーで登場しました。今回はこのプルオーバーパーカーのブランドについてご紹介させていただきます。

スポンサー リンク

帰れま10で木村拓哉が着ていたプルオーバーパーカーはどこの?

BALENCIAGA(バレンシアガ)

 

View this post on Instagram

 

LAITER-mens 30s style magazineさん(@laiter_mensofficial)がシェアした投稿

木村拓哉氏が着用されていたプルオーバーパーカーはバレンシアガのアイテムです。ビッグシルエットにEuropeとレタードプリントの入った古着ライクなパーカーは、アメカジフリークの木村拓哉氏によく似合っています。

世界中のファッションセレブを熱狂させる、バレンシアガのデザイナーは、ヴェトモンのデザイナーでもあるデムナ・ヴァザリア

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バレンシアガ Balenciaga ジャケット Green Logo Tracksuit Jacket
価格:362140円(税込、送料無料) (2019/1/15時点)

デムナ・ヴァザリアは、老舗ラグジュアリーブランドを、トレンドコンシャスなラグジュアリーストリートブランドへと、シフトチェンジした人物です。バレンシアガは、今最もファッションセレブが着用するブランドの一つに数えられています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バレンシアガ Balenciaga メンズ トップス 長袖Tシャツ【Black ‘Speedhunters’ Long Sleeve T-Shirt】
価格:150800円(税込、送料無料) (2019/3/21時点)

楽天で購入

 

木村拓哉氏がメディアでバレンシアガのアイテムを着用することはかなり稀。少なくとも現在のデザイナーである、デムナ・ヴァザリアの手掛けるバレンシアガをメディアで着用したことはなかった気がします。

 

View this post on Instagram

 

Sukezane Tomokiさん(@stsukezane)がシェアした投稿

しかし、野口強氏祐真朋樹氏も大絶賛するブランドなので今後は、メディアでも着用する機会が増えるかもしれません。祐真明樹氏は頻繁にバレンシアガのアイテムを着用しています。

 

View this post on Instagram

 

Satoshi Moriyaさん(@moriya_sense)がシェアした投稿

野口強氏も20年近く前ですが、ニコラ・ジェスキエール(現在ルイヴィトンのアーティスティックディレクター)が手掛けていたバレンシアガのボンバージャケットを頻繁に愛用されていました。

スポンサー リンク

キムタク着のBALENCIAGA(バレンシアガ)とは?

1918年にスペインで創立されたブランド

 

View this post on Instagram

 

Balenciagaさん(@balenciaga)がシェアした投稿

BALENCIAGA(バレンシアガ)は1914年にクリストバル・バレンシアガがスペインで創立したブランドです。

創立者でありデザイナーのクリストバル・バレンシアガは、母親から仕立ての手ほどきを受けた以外は、服飾に関する教育を受けることなく、独学で服作りを学びます。スペイン、マドリードのテーラード修行をした後に独立、1918年にオートクチュールハウスをローンチします。

 

View this post on Instagram

 

Balenciagaさん(@balenciaga)がシェアした投稿

バレンシアガは、スペイン国内で3店舗のクチュールハウスをオープンするほどの人気を博し、特に王侯貴族御用達ブランドとしてその名を轟かせます。

1937年にパリへ進出

 

View this post on Instagram

 

Balenciagaさん(@balenciaga)がシェアした投稿

スペイン国内で大成功を収めた、バレンシアガは、活動の拠点をパリへ移します。バレンシアガはパリでも高い評価を獲得、当時ニュールックと称された、クリスチャン・ディオールとともに、次世代を担うファッションブランドとして注目を集めます。

1968年にクリストバル・バレンシアガ死去と共に低迷

セレブ御用達ブランドとして揺るぎない地位を獲得したバレンシアガでしたが、1968年に創立者のクリストバル・バレンシアガが死去すると、ブランドは低迷します。

ライセンスブランドのみの忘れ去られた、過去のブランドとなった、バレンシアガは、1987年プレタポルテコレクションを発表し再起を図ります。

ニコラ・ジェスキエールが新生バレンシアガを発表

 

View this post on Instagram

 

🆖さん(@nicolasghesquiere)がシェアした投稿

プレタポルテコレクションを発表したことで、若干の注目を集めることに成功した、バレンシアガは、1997年ニコラ・ジェスキエールの手により完全に復活を遂げます。

現在、ルイヴィトンのアーティスティックディレクターを務める、ニコラ・ジェスキエールですが、当時は無名のデザイナーでした。

 

View this post on Instagram

 

🆖さん(@nicolasghesquiere)がシェアした投稿

評判のよくなかったプレタポルテラインにニコラ・ジェスキエールを起用した理由は、人手不足も関係していたといわれています。

しかし、才気あふれる若きデザイナーの、ニコラ・ジェスキエールの手掛けるバレンシアガは鮮烈な印象を与え、世界中のファッショニスタが新生バレンシアガの虜になります。

 

View this post on Instagram

 

🆖さん(@nicolasghesquiere)がシェアした投稿

ニコラ・ジェスキエールの才能に目を付けたグッチグループが、バレンシアガを買収。グッチグループの後ろ盾を得て、さらにブランドを飛躍させます。当時グッチのクリエイティブディレクターのトムフォードもニコラ・ジェスキエールの才能に惹かれた一人です。

アレキサンダーワンがクリエイティブディレクターへ就任

 

View this post on Instagram

 

alexanderwangさん(@alexanderwangny)がシェアした投稿

2012年にニコラ・ジェスキエールがバレンシアガのクリエイティブディレクターを辞任、アレキサンダーワンが、新クリエイティブディレクターへ就任したことが大きな話題となります。

2015年、デムナ・ヴァザリアがアーティスティックディレクターに抜擢

 

View this post on Instagram

 

Demna Gvasalia Dailyさん(@demnagvasaliadaily)がシェアした投稿

2015年、自身のブランド、ヴェトモンのデザイナーとしても活躍するデムナ・ヴァザリアがアーティスティックディレクターに抜擢されます。ヤングセレブリティを中心にカリスマ的人気を誇る、ヴェトモンのデザイナーが手掛ける、バレンシアガが大きな話題となりました。

デムナ・ヴァザリアはバレンシアガをストリート色の強い、新たなブランドとして、蘇らせることに成功しました。

 

View this post on Instagram

 

Demna Gvasalia Dailyさん(@demnagvasaliadaily)がシェアした投稿

デムナ・ヴァザリアがバレンシアガのアーティスティックディレクターに就任したことで、ファッショニスタ御用達ブランドとなったことは間違いなりません。

ビッグシルエットや、レタード、ダッドスニーカーや、90年代テイストも、新生バレンシアガの影響が大きいことは、疑う余地もありません。バレンシアガは現在、最もファッション界に影響を与えるブランドとしても知られています。

スポンサー リンク

キムタク着でさらに注目度の高まるバレンシアガ

 

View this post on Instagram

 

Balenciagaさん(@balenciaga)がシェアした投稿

今回、木村拓哉氏がバレンシアガのプルオーバーパーカーを着用したことは、大きな話題となっています。木村拓哉氏が着用された、パーカーがプレミアム価格で取引されることも間違いないように思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バレンシアガ Balenciaga パーカー Grey ‘Europa!’ Hoodie
価格:115630円(税込、送料無料) (2019/1/15時点)

今後さらにバレンシアガに注目が集まるのではないでしょうか?木村拓哉氏が着用したパーカー以外にもcoolで、リュクスなアイテムが揃うバレンシアガ。ラグジュアリーストリートススタイルが好みの、LAITER読者の諸兄のハートを鷲掴みにするアイテムが目白押しです。

【おすすめ記事】


メンズファッション ブログランキングへ

この記事を書いた人

角谷良平
角谷良平
どっぷりファッション関係。ロンドンにて古着バイヤー、スタイリストを経てファッションライター&シンガーソングライターとして生きてます。liter専属ライターであり、なんでも屋。ハイブランドからストリートstyleまでメンズファッションに幅広く精通。

https://www.instagram.com/ryoheysumiya/

Twitter でフォロー

メンズファッションブログランキング

ページ上部へ戻る