ジャケパンよりも粋!40代メンズのジャケデニ春コーデおすすめ10選

Pocket

出典https://www.instagram.com/p/B9wwWYAJkXn/?

ジャケットにデニムが色っぽい

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

@homyianがシェアした投稿

オトナの春スタイルの定番であるジャケパンスタイル。

ジャケパンとはジャケットにパンツを合わせる伊達男の常套手段。

ジャケパンスタイルも勿論色っぽいのですが、ボトムスをデニムに変えるとさらにワイルドさとこなれ感が増します。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

@homyianがシェアした投稿

今回は、40代メンズに似合うジャケデニスタイルをご紹介。

色っぽくワイルドなジャケデニスタイルで40代メンズの春コーデを格上げしてみてはいかがでしょうか?

ジャケデニスタイルとは?

ジャケットにデニムを合わせるコーデ

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

@homyianがシェアした投稿

「ジャケデニ」とはジャケットにデニムを合わせるスタイルの事。

基本的には、ジャケットにデニムを合わせればOK。

ジャケパンスタイルよりもワイルドでストリート色の強い着こなしが楽しめます。

40代メンズのジャケデニスタイルのポイントは?

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

@homyianがシェアした投稿

40代メンズに似合うジャケデニコーデのポイント

・ジャケットはアンコン
・デニムはウォッシュド
・程よい肌見せ

 

ジャケットはアンコン

 

デニムに合わせるならやはりアンコンジャケットがおすすめ。

特にウォッシュドデニムに合わせる時はきっちりとテーラードジャケットですと、こなれ感が生まれません。

ニットジャケットのような軽やかなアイテムが最適です。

LAITER

テーラードジャケットととカーディガンのいいとこどりアイテムであるニットジャケット。今回は40代メンズに似合うニットジャケ…

デニムはウォッシュド

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

@homyianがシェアした投稿

ジャケデニスタイルに合わせるならやはりウォッシュドデニムが最適。

勿論濃い目のインディゴデニムやリジッドもOKですが、こなれ感を演出するならウォッシュドタイプです。

程よい肌見せ

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

@homyianがシェアした投稿

ジャケデニスタイルは程よい肌見せで軽やかさと色気を演出することでより粋なスタイルを作り上げることが出来ます。

ボトムスはアンクルやクラッシュを合わせればオトナの色気ダダ漏れジャケデニコーデの完成です。

クラシカル派の方はシャツをインしてボタンの空き具合で色気を醸すのもアリ!

40代メンズに似合う!色気ダダ漏れジャケデニ春コーデ10選

チェックジャケット×リジッドルーズデニム

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Borasification(@borasification)がシェアした投稿

ベージュ系のチェックのニットジャケットに太めのリジッドタイプのデニムを、そしてインナーにはアイスウォッシュのデニムシャツをインサートしたスタイルです。

デニムオンデニムスタイルの上にジャケットを羽織ったスタイルですが、カラーの異なるデニムをチョイスすることで、タフさが和らぎ、メリハリの利いたスタイルを構築。

足元は大注目の黒のチロリアンシューズでコーデを引き締め。

ブラウンジャケット×ウォッシュドデニム

ややルーズなボックスシルエットのブラウンのテーラードジャケットに、細身の穿き込んだデニムを合わせたスタイル。

インナーには、白のスキッパーシャツを合わせてクリーンでリッチなスタイルの完成です。

ロールアップした足元に合わせたブルーのヴァンズのエラが着こなしのエッセンス。

 

 

ブラックジャケット×ウォッシュドストレートデニム

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

NYC Looks(@nyc_looks)がシェアした投稿

ボックスシルエットの黒のテーラードジャケットに穿き込んだストレートのブルーデニム、インナーにはタイトなレオパードパターンのTシャツをインした着こなし。

ゴールドのチェーンネックレスに、若干アンバランスにも感じられる白のスニーカーを合わせることで、クラシカルさが漂うパンクスタイルの完成です。

ブラウンダブルジャケット×グラフィックデニム

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Menswear Blog(@blocdivoire)がシェアした投稿

ルーズシルエットのブラウンのダブルジャケットにグラフィックを施したアイスブルーデニムを合わせたスタイル。

インナーには白Tシャツをチョイススポーティさをプラス。

白ソックスと黒のコインローファーを合わせた足元が着こなしをクラシカルに仕上げています。

ブラックジャケット×アンクルアイスウォッシュデニム

 

この投稿をInstagramで見る

 

NYC Looks(@nyc_looks)がシェアした投稿

ビッグサイズの黒のテーラードジャケットにアンクルレングスのアイスウォッシュデニムを合わせたコーデ。

インナーにはタイダイTシャツを差し込みポップさとトレンド感を高めています。

足元のヒールタイプのポインテッドトゥシューズで色気のあるスタイルに。

 

 

ネイビージャケット×アイスウォッシュデニム

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

The 3rd Art Mac(@urban_sartorialist)がシェアした投稿

ネイビーのジャケットにストレートのアイスウォッシュデニムに白無地Tシャツをインしたスタイル。

ブルーと白をベースとした色合わせが爽やか。

足元はジャケットのカラーに合わせたネイビーのニューバランスをチョイスして着こなしの統一感を高めています。

ネイビージャケット×リジッドデニム

 

この投稿をInstagramで見る

 

Alexandre | Style de papa(@styledepapa)がシェアした投稿

ネイビーのジャケットに濃紺のTシャツ、ボトムスにはリジッドデニムを合わせたシックなスタイル。

ブルー系で統一することで精悍で知的なムードが漂います。

足元は白のオールスターでブルー×白の爽やかなコントラストスタイルの完成です。

 

 

チェックダブルジャケット×スリムウォッシュドデニム

 

この投稿をInstagramで見る

 

Modern Gent | Mr.Okn(@mr.okn)がシェアした投稿

ブラウンの白のウィンドウペンチェックのダブルジャケットにタイトなスリムシルエットのウォッシュドデニムを合わせたスタイル。

上下共にタイトなアイテム選びが都会的です。

インナーは白Tシャツでクリーンさを、足元は、アンティークブラウンのグラデーションカラーのタッセルローファーで色気を着こなしに付与しています。

ベージュチェックジャケット×スリムデニム

 

この投稿をInstagramで見る

 

Best of Men Style(@bestofmenstyle)がシェアした投稿

ベージュ地に白ベースのチェックを配した粋なジャケットにタイトなアンクルレングルスリムデニムを合わせたコーデ。

インナーにはボタンを空けてしっかりとしたVゾーンを作った白シャツを合わせて色気のあるジャケデニスタイルの完成です。

ブルーデニムに合わせたブルースウェードのタッセルローファーでさらに色気を倍増。

 

 

ベージュジャケット×パッチワークデニム

 

この投稿をInstagramで見る

 

Zach(@newtonstreetvintage)がシェアした投稿

ベージュのジャケットにヴィンテージライクなパッチワークのバギーデニム、インナーには、デニムシャツを合わせた骨太なワークスタイル。

迫力のあるデニムをメインに据える為、他のアイテムはシンプルなものをチョイス。

足元は黒のコインローファーを合わせて、クラシカルなエッセンスを与えています。

ジャケデニスタイルで色っぽく

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

@homyianがシェアした投稿

ジャケパンスタイルのボトムスをデニムに変えるだけで完成するジャケデニスタイル。

ジャケパンより、スポーティで、タフさが漂う点が大きなメリット。

さらにジャケットを脱げば、ストリートなムードを簡単に作れる点も魅力的です。

40代のオトナはジャケデニスタイルで、春コーデをアップグレードしてみてはいかがでしょうか?

色っぽい、春の媚びないモテスタイルににも最適です。


laiter powered by BASE

ファッションWEBマガジンが展開するオリジナルロゴブランドです。ユニセックスで展開するTシャツ、スウェットをメインに販売…

 

この記事を書いた人

角谷良平
角谷良平
どっぷりファッション関係。ロンドンにて古着バイヤー、スタイリストを経てLAITERディレクターに。ファッションライター、コラムニスト、ファッションディレクターとなんでも屋。ハイブランドからストリートstyleまでメンズファッションに幅広く精通。

https://www.instagram.com/ryoheysumiya/