※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

キムタク着用で話題のスーパーソールとは?歴史&モデル紹介

Pocket

出典https://www.instagram.com/p/BVqlh1MgEhb/?utm_source=ig_embed

 

 

この記事は以下の方に適しています

・キムタク着のスーパーソールについて詳しく知りたい方
・木村拓哉氏のファッションが気になる方
・レッドウィングのスーパーソールが気になる方
・30代以上のおしゃれな男性の方

キムタク着で話題のスーパーソールとは?

レッドウィングのレースアップブーツの事

スーパーソールとはレッドウィングのレースアップブーツの事。

最近木村氏が頻繁に愛用しているブーツです。

Instagram、weiboや木村さーーんでの着用も目立ちます。

正式には「スーパーソール 6インチ モックトゥSTYLE NO.8133」です。

クッション性に優れたスーパーソールにオイルドレザーを使用したオールブラックの精悍なスタイルにモックトゥのバランスも絶妙。

 

スーパーソールはレッドウィングを代表するアイコニックモデルですが、木村氏が頻繁に着用したことで今かなり注目を集めています。

キムタク着で話題のスーパーソールの歴史は?

1977年に誕生したイノベーションモデル

 

スーパーソール沿革・歴史

・誕生:1970年代にレッド・ウィングが開発して特許を取得した靴の底付け製法(特許)
・特徴:グリップ力やクッション性、軽量
・代表モデル:モックトゥのワークブーツ#204
・キムタク愛用モデル:ブラック・クローム・レザーを使用したものが#8133
・生産国:アメリカ

通称スーパーソールと呼ばれるレッドウィングのワークブーツは、実はレッドウィングの開発した製法の事。

日本では、スーパーソール製法で作られた、モックトゥブーツの通称。堅牢な製法としても知られるグッドイヤーウェルト製法にも劣らないといわれる、スーパーソール製法を開発したことで、レッドウィングのワークブーツの耐久性は飛躍的に向上。

さらにセメント製法では使えない高品質オイルドレザーを使用することも可能としました。

スーパーソールは頑丈さだけではなく、履き心地やクッション性にも優れており、発泡ウレタンのソールは、グリップ力は勿論、耐摩耗性にも優れている為、ワーカーの間で大ブレークを果たします。

 

クラシックモックトゥのイノベーションモデルが、スーパーソールに当たるといわれています。

キムタク着のスーパーソールの定価は?

34,760円

木村氏がプライベートでも着用するモックトゥは定価は税込みで34,760円です。

アメリカ製のワークブーツがこの価格はかなりお値打ちではないでしょうか?

キムタク着のスーパーソールは黒しかないの?

黒以外のカラーバリエーションもある

木村拓哉氏が愛用している黒以外に、ブラウンやベージュスウェードも存在します。

黒のシューズを沢山お持ちの方は違うカラーのスーパーソールをチョイスするのもアリですよ!

キムタク着のスーパーソールは一生モノってホント?

メンテナンスさえすれば本当

スーパーソールに限ったことではありませんが、基本的にレッドウィングのブーツはメンテナンスさえすれば、10年以上余裕で履くことができます。

スーパーソールの場合はソールの張替えも可能なので、アッパーさえちゃんと手入れをすれば一生履くことも可能。

13000円くらいでオールソールは可能なはずです。

レッドウィング取扱店で修理受付をしてくれますよ!

キムタク愛用のスーパーソールでタフなスタイルにトライ!

 

1977年に登場して以来レッドウィングのアイコニックブーツとして高い人気を誇るスーパーソール。

木村拓哉氏が着用したことで今高い注目を集めています。

 

武骨なアメカジスタイルには勿論、ミニマルなスタイルにも似合うスーパーソールは1足あるとかなり便利です。

デイリーユースに最適な頼れるブーツをお探しの方にもかなりお勧めですよ!

 

10年以上余裕で履けるアメリカ製のブーツが3万円ちょっとで手に入るのはかなりお値打ちな気がします。

レッドウィングのスーパーソールはコスパに優れたブーツだといっても過言ではありませんよ!

まずは木村氏愛用の精悍ブラックモデルをチョイスしてみてはいかがでしょうか?

媚びないモテスタイルを支える足元には最適です。

laiter powered by BASE

ファッションWEBマガジンが展開するオリジナルロゴブランドです。ユニセックスで展開するTシャツ、スウェットをメインに販売…

 

この記事を書いた人

角谷良平
角谷良平
どっぷりファッション関係。ロンドンにて古着バイヤー、スタイリストを経てLAITERディレクターに。ファッションライター、コラムニスト、ファッションディレクターとなんでも屋。ハイブランドからストリートstyleまでメンズファッションに幅広く精通。

https://www.instagram.com/ryoheysumiya/