30代メンズが穿きたい本気のデニムブランドカタログ

Pocket

出典https://www.instagram.com/p/CQ0XVgzrJa0/

最強ボトムス=デニム

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Menswear gallery(@minimalhouse1)がシェアした投稿

オールシーズン、どんなアイテムがトレンドとなっても揺るぎない絶対的王者であるデニムパンツ。

スタンダードアイテムであり、常にトレンドを担う最強ボトムスであると断言しても差し支えはないかと思います。

今回は30代メンズが押さえておくべきデニムブランドをご紹介!

デニム選びで迷ったらここから選べばOKです。

媚びないモテスタイルにも最適です。

30代メンズが穿きべきデニムブランドカタログ10選

Levis(リーバイス)

30代メンズが穿きべきデニムブランド

 

リーバイス歴史・沿革

・創業:1850年
・発祥:アメリカ、サンフランシスコ
・創立者:リーバイ・ストラウス
・1870年頃仕立屋のジェイコブ・デイビスと出会い製造販売のメーカーとなる

デニムの生みの親であり、世界で最も有名なデニムブランド。

「デニムの歴史=リーバイス」の歴史といっても過言ではありません。

いわゆるヴィンテージデニムはリーバイスのアイテムの事を指すことがほとんど。

リーバイス501は世界でもっとも有名なデニムモデルです。

LEE(リー)

30代メンズが穿きべきデニムブランド

 

リーの歴史・沿革

・創業:1899年
・発祥:アメリカ、カンザス州サライナ
・創立者:ヘンリーデイビッドリー
・ジェームスディーンが愛用していたことでも有名(リーバイスの着用は確認されていない)
・1987年以降日本での商品開発・製造、販売はエドウィン

 

リーバイスともにアメリカを代表するデニムブランド。

第一次世界大戦でアメリカ陸軍のオフィシャルユニフォームを手掛けていました。

ジェームスディーンが着用したデニムブランドとして圧倒的な人気を博したことはあまりにも有名。

現在はエドウィンが日本での商品開発・製造、販売を行っています。

Wrangler(ラングラー)

30代メンズが穿きべきデニムブランド

ラングラー歴史・沿革

・創業:1904年、ハドソン・オーバーオール・カンパニー
・発祥:アメリカ
・創立者:C.C.ハドソンと弟のホーマー
・1947年にケーシー・ジョーンズ社を買収した際、ブランド名Wrangler(ラングラー)を取得

デニムジャケットの111MJはジョンレノンが着用したことでも有名

リーバイス、リーと並ぶ3大アメリカデニムブランド。

デニムジャケットである111MJはジョンレノンが着用したことでも有名です。

現在はエドウィンの傘下。

 Studio D’Artisan(ステュディオ・ダ・ルチザン)

30代メンズが穿きべきデニムブランド

ステュディオ・ダ・ルチザン歴史・沿革

・創業:1979年
・発祥:日本、大阪
・パリで修行を積んだ初代デザイナーが、「ヨーロッパ的クラフトマンシップ」と「日本の職人精神」を合わせ持つブランドでありたいと願い命名

日本製レプリカデニムのパイオニア的存在。

トレードマークは豚で、2匹の豚がデニムを引っ張っているデザインのパッチはリーバイスのパロディ。

40年以上国産にこだわり本気のレプリカデニムを作り続けています。

PURE BLUE JAPAN(ピュアブルージャパン)

30代メンズが穿きべきデニムブランド

ピュアブルージャパンの歴史・沿革

・創業:1997年、正藍屋を設立
・発祥:日本、岡山県倉敷市児島
・創立者:岩谷健一

岡山県倉敷市児島で設立された日本のデニムブランド。

世界中のデニム愛好家を熱狂させるジャパニーズデニムを数多く展開。

すべての商品が純日本製であることも大きな特徴。

RESOLUTE(リゾルト)

30代メンズが穿きべきデニムブランド

リゾルトの歴史・沿革

・創業:2010年
・発祥:東京
・創立者:林芳亨

日本のデニムブランド。

織布、染め、縫製、仕上げまで全生産工程が西日本の中国地方、備後地区の熟練のデニム職人たちの手によって完成する完全国産デニムを展開。

2010年のブランドローンチ以降デニムファンから圧倒的な支持を得続けています。

EDWIN(エドウィン)

30代メンズが穿きべきデニムブランド

エドウィンの歴史・沿革

・創業:1947年、常見米八商店
・発祥:東京・日暮里
・1961年日本で初めて独自の製法によりジーンズを製造・販売

日本で初めて独自の製法によりジーンズを生産したブランド。

日本製デニムのパイオニア的存在。

リーとラングラーの日本での権利を保有しています。

ブランド名は、デニム(DENIM)の「D」と「E」を逆転し、「NIM」を180度反転し「WIN」として命名されたアナグラム。

さらには「江戸」(EDO)と勝利(WIN)の意味も。

BOBSON(ボブソン)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

BOBSON okayama,Japan(@bobson_japan)がシェアした投稿

ボブソンの歴史・沿革

・創業:1945年、山尾兄弟会社
・発祥:日本、岡山県倉敷市
・創立者:尾崎利春・尾崎宗次郎兄弟と、利春の妻の弟である吉田清一
・1966年:ボブソン」(BOBSON) のブランド名を商標出願
・2012年破産、2012年12月復活

ブランド名はアメリカ人の一般的な名前であるボブ(BOB)と、息子(SON)を組合せ。

岡山県倉敷市で創業されタ日本の老舗デニムブランド。

KURO(クロ)

30代メンズが穿きべきデニムブランド

クロ歴史・沿革

・創業:2010年春夏
・発祥:日本
・創立者:八橋佑輔
・2010年にピッティにクロを発表

ブランド名は黒に由来。メイドインジャパン製のデニムブームの火付け役存在。

イタリア、ピッティウォモで発表し海外バイヤーからも絶大な支持をえます。

岡山の工場で生産されるセルビッジデニムで1万円台はグッドプライス。

MINEDENIM(マインデニム)

30代メンズが穿きべきデニムブランド

マインデニムの歴史・沿革

・創業:2016年秋冬
・発祥:日本
・創立者:野口強

 

野口強氏がディレクションを行う日本のデニムブランド。

岡山県の自社工場で生産されるデニムはどれもハイクオリティ。

スタイリッシュでこだわりの強いデニムが目白押し。

木村拓哉氏が頻繁に着用することでも有名です。

LAITER

野口強ディレクションのデニムブランドのマインデニム。キムタク愛用ブランドとしても知られるマインデニムについて徹底解析。マ…

30代メンズには本気のデニムブランドが似合う

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

MINEDENIM(@mine_denim)がシェアした投稿

今の時代ファストファッションブランドでもデニムを購入することは可能です。

しかもかなりコスパに優れたアイテムが目白押し。

しかし、デニムには並々ならぬ拘りをお持ちのLAITER読者諸兄は多いかと思います。

今回はデニムに対して強いこだわりを持つ御仁にも納得していただけるブランドを集めました。

デニム選びに迷ったら参考にしていただけたら幸いです。

 




laiter powered by BASE

ファッションWEBマガジンが展開するオリジナルロゴブランドです。ユニセックスで展開するTシャツ、スウェットをメインに販売…

 

 


メンズファッション ブログランキングへ

この記事を書いた人

角谷良平
角谷良平
どっぷりファッション関係。ロンドンにて古着バイヤー、スタイリストを経てLAITERディレクターに。ファッションライター、コラムニスト、ファッションディレクターとなんでも屋。ハイブランドからストリートstyleまでメンズファッションに幅広く精通。

https://www.instagram.com/ryoheysumiya/