VALENTINO(ヴァレンティノ)がセレブを夢中にするワケとは?

Pocket

出典https://www.instagram.com/p/CBYhr7xJBx5/

セレブ御用達としてもお馴染み

 

この投稿をInstagramで見る

 

Valentino(@maisonvalentino)がシェアした投稿

イタリアを代表するラグジュアリーメゾンでありながら、エッジの利いたストリートテイストなアイテムを数多く展開し、幅広い世代のファッションセレブを虜にするヴァレンティノ(VALENTINO)。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Valentino(@maisonvalentino)がシェアした投稿

LAITER読者諸兄にもヴァレンティノのファンは多いのではないでしょうか?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Valentino(@maisonvalentino)がシェアした投稿

圧倒的にノーブルでラグジュアリーでありながら、ラグジュアリーストリートスタイルにもマッチするワードワードローブを展開するイタリアのビッグメゾンに今回は迫ります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Valentino(@maisonvalentino)がシェアした投稿

ヴァレンティノがファッションセレブを虜にするワケとは?

媚びなモテスタイルにも最適なブランドですよ。

ヴァレンティノ(VALENTINO)とは?

1960年創業のイタリアブランド

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Valentino(@maisonvalentino)がシェアした投稿

1960年にブランドをスタートのイタリア、ローマを代表するラグジュアリーブランド。

デザイナーは「ヴァレンティノ・ガラヴァーニ」。

 

View this post on Instagram

 

Valentinoさん(@maisonvalentino)がシェアした投稿

元々はオートクチュールのドレスを得意とするブランドでした。

1962年白の服だけのコレクションが話題に

 

View this post on Instagram

 

Valentinoさん(@maisonvalentino)がシェアした投稿

1962年に初のコレクションを発表。

この時に白の服だけを発表し大きな話題となります。

1984年オリンピックのイタリア選手団のユニフォームデザイナーに選出

 

この投稿をInstagramで見る

 

Valentino(@maisonvalentino)がシェアした投稿

初コレクションが高い評価を獲得したヴァレンティノは1984年のサラエボ・オリンピックおよびロサンゼルス・オリンピック選手のユニフォームのデザインを任されます。

つまりヴァレンティノがイタリアを代表するデザイナーとして認められたという事を意味します。

ライセンス商品によりイメージダウン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Valentino(@maisonvalentino)がシェアした投稿

飛ぶ鳥落とす勢いのヴァレンティノでしたが、ライセンス商品を発表したことで、安価なイメージが定着。

次第にブランドのイメージが低下します。

1998年にはMarzotto家にヴァレンティノの経営権を売却します。

2007年ヴァレンティノ・ガラヴァーニ引退

 

この投稿をInstagramで見る

 

Valentino(@maisonvalentino)がシェアした投稿

創立者であるヴァレンティノ・ガラヴァーニが引退したことで、アレッサンドラ ファッキネッティがクリエイティブディレクターに就任。

これを機にヴァレンティノは変わり始めます。

マリア・グラツィア・ キウリ(Maria Grazia Chiuri)ピエールパオロ・ピッチョーリ(Pier Paolo Piccioli)がデザイナーに就任

 

この投稿をInstagramで見る

 

Valentino(@maisonvalentino)がシェアした投稿

ヴァレンティノを完全復活させたのは当時、最強デザイナーコンビと呼ばれた、マリア・グラツィア・ キウリとピエールパオロ・ピッチョーリです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Valentino(@maisonvalentino)がシェアした投稿

他のデザイナーは数年でヴァレンティノを去る中、10年近く二人でヴァレンティノを支えてきました。

現在のヴァレンティノを作り上げたのは間違いなくマリア・グラツィア・ キウリとピエールパオロ・ピッチョーリです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Maria Grazia Chiuri(@mariagraziachiuri)がシェアした投稿

マリア・グラツィア・ キウリは2016年にヴァレンティノを去り、現在はDiorのクリエイティブディレクターとして活躍。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Valentino(@maisonvalentino)がシェアした投稿

ピエールパオロ・ピッチョーリは今もヴァレンティノを進化させ続けています。

ヴァレンティノがセレブを虜にする理由は?

キャッチー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Valentino(@maisonvalentino)がシェアした投稿

ロックスタッズと呼ばれるスタッズをあしらったアイテムや、ロゴグラフィックやカモフラなどキャッチーなアイテムが多い点が一番の理由。

ラグジュアリーブランドでりながらエイリースタイルに溶け込むアイテムが豊富なことはヴァレンティノの最大の魅力に感じます。

ドレスとストリートのバランス

 

この投稿をInstagramで見る

 

Valentino(@maisonvalentino)がシェアした投稿

ドレススタイルとストリートスタイルのバランスが抜群である点もヴァレンティノが人気の秘密。

ノーブルなステンカラーコートにロゴグラフィックをあしらうなどミレニアム世代のセレブを刺激するアイテムの豊富さもヴァレンティノが支持されている理由。

デイリーに使えるハイエンドなアイテムが豊富な点はヴァレンティノの強さです。

圧倒的にラグジュアリー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Valentino(@maisonvalentino)がシェアした投稿

ロゴアイテムが圧倒的に人気の為、ラグストブランドのイメージもありますが、スーツを中心としたドレスアイテムの素晴らしさは群を抜いています。

ドレスアップすることの多いセレブにとってはこの点はかなり重要なはずです。

実際にレッドカーペットでもヴァレンティノのスーツやタキシードはよく目にします。

意外なコラボ

2020年秋冬コレクションでアンダーカバーとのコラボアイテムを発表したヴァレンティノ。

この意外なコラボレーションにより、さらに注目を集めたことは確実。

今後も意外性のあるブランドとのコラボを期待しているセレブは多いはずです。

キムタクもヴァレンティノを愛用中

無限の住人のPRでヴァレンティノを頻繁に愛用

 

この投稿をInstagramで見る

 

Valentino(@maisonvalentino)がシェアした投稿

雑誌やテレビとかなり頻繁にメディアに登場されている木村拓哉氏。映画「無限の住人」のPRにはかなり力が入っている事が窺えます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヴァレンティノ メンズ アウター コート Classic Notch Overcoat
価格:726570円(税込、送料別) (2018/10/16時点)

 

楽天で購入

 

無限の住人PRではブラックのロング丈のitemをよく着用されています。

木村氏が着用されてるロングジャケットやスプリングコートはヴァレンティノが多く、スタッズをあしらったブラックコートやオールインワンは最高にcoolでした。

LAITER

出典pinterest 目次 1 ラグジュアリーストリートなしには語れない今のトレンド2 今さら聞けないラグジュアリース…

さらに進化し続けるラグジュアリーメゾン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Valentino(@maisonvalentino)がシェアした投稿

ピエールパオロ・ピッチョーリが単独でブランドを牽引するようになってからよりストリート色の強くなったヴァレンティノ。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Valentino(@maisonvalentino)がシェアした投稿

ピッチョーリが手掛けるドレッシーでエッジの利いたワードローブは正に唯一無二。

今後もヴァレンティノ人気は加速するばかりではないでしょうか?

キャッチーなTシャツやスニーカーもいいのですが、ヴァレンティノの真骨頂ともいうべきスーツやタキシードもかなりおすすめです。

ゆとりのあるLAITER読者諸兄はチェックしてみてはいかがでしょうか?

ハリウッドセレブがこぞって着用する意味が分かるはずですよ!

今後も進化し続けるイタリアラグジュアリーメゾンから目が離せません。

媚びないモテスタイルに格上げにも最適なブランドですよ。








メンズファッション ブログランキングへ

 

この記事を書いた人

角谷良平
角谷良平
どっぷりファッション関係。ロンドンにて古着バイヤー、スタイリストを経てLAITERディレクターに。ファッションライター、コラムニスト、ファッションディレクターとなんでも屋。ハイブランドからストリートstyleまでメンズファッションに幅広く精通。

https://www.instagram.com/ryoheysumiya/