今から春まで使える!バブアーを使った40代メンズコーデ10選

Pocket

出典https://www.instagram.com/p/CBXUDAyBptb/?

バブアーはやっぱり最強

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Barbour(@barbour)がシェアした投稿

まだまだアウターはマストなシーズンですが、そろそろ重たいアウターにも飽きてきた頃ではないでしょうか?

洒落者そろいのLAITER読者諸兄なら、今から春まで着用できるアウターが気になる頃。

それなら、バブア―がおすすめです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

@homyianがシェアした投稿

英国を代表するアウトドアブランドであり、アイコニックなワックスドクロスを使用したジャケットは世界中のファショニスタを虜にしてきました。

Tシャツに上にもジャケットの上にもキマる汎用性の高さと、イギリス軍も認めた耐久性の高さがバブア―の大きな魅力です。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Barbour(@barbour)がシェアした投稿

今回はバブア―のジャケットを粋に着こなす海外メンズのストリートスナップをご紹介!

海外メンズの粋なバブア―コーデをお楽しみください。

Barbour(バブアー)とは

イギリスのアウトドア・ライフスタイルブランド

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Barbour(@barbour)がシェアした投稿

バブアーは1894年、ジョン・バブアーがイギリスで創業した、アウトドア・ライフスタイルブランド。

「ワックスドクロス」を使用した防水ジャケットのパイオニアとしても有名です。

元々は、水夫や漁師、港湾労働者の為のワークウェアでしたが、その高い、耐久性が評価され、イギリス軍に防水服を供給しました。

また、現在のロイヤル・ワラント最高峰は3つすべてを保持。

「ワックスドクロス」がアイコニックですが、ノンワックスクロスのジャケットも展開しています。

バブアーの魅力は

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

James Benjamin(@imjamesbenjamin)がシェアした投稿

 

バブア―の魅力

・都会的

・汎用性の高さ

・タフ

・定番

・こなれ感

都会的

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Barbour(@barbour)がシェアした投稿

基本的にアウトドアジャケットですが、すっきりとしたスマートなシルエットとシンプルなデザインの為、都会的です。

オトナのアウトドアミックススタイルにもおすすめ。

汎用性の高さ

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Barbour(@barbour)がシェアした投稿

Tシャツの上にもテーラードジャケットの上にも決まる汎用性の高さも大きな魅力。

デイリーからビジネススタイルにも似合うので1着あると重宝します。

タフ

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Barbour(@barbour)がシェアした投稿

アイコニックなワックスドクロスは防水性は勿論、耐久性も抜群。

イギリス軍が認めたほどのタフさです。

定番

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Barbour(@barbour)がシェアした投稿

定番アイテムの為、流行り廃りがない点も大きな魅力。

オトナが羽織るオーセンティックなアウターをお探しな方にも最適です。

こなれな感

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Clochard_9.2(@clochard_9.2)がシェアした投稿

羽織るだけでこなれ感が出るのもバブアーの魅力。

Tシャツやシャツの上にさらっと羽織るだけでも粋です。

40代メンズ必見!バブアージャケットおすすめコーデ10選

バブアー×ルーズブルーデニム

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Borasification(@borasification)がシェアした投稿

ダークグリーンの定番のバブア―ジャケットに腰で穿いたルーズなブルーデニムを合わせたタフなスタイル。

インナーにはジャケットに合わせたグリーンのカーディガンとレモンイエローのTシャツのコントラスも綺麗。

ライトブラウンのチロリアンシューズがよりこなれたムードを演出しています。

バブアー×黒カーゴパンツ

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Chuck(@soartisticnow)がシェアした投稿

ダークグリーンのバブアーのワックスドクロスジャケットにルーズな黒のカーゴパンツを合わせたスタイル。

インナーには赤っぽいチェックシャツを差し込むことで着こなしが華やかに。

足元は白のレザースニーカーで軽快に。

バブアー×ロールアップデニム

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

He-man | Heritage Style(@heman.denim)がシェアした投稿

リジッドに近い濃い目のインディゴのジャケットにパンツを合わせたタフなデニムオンデニムスタイル。

ロールアップした足元にはブラウンのアイリッシュセッターがよく似合います。

王道のアメカジにスタイルのインナーにはブラウンのベスト、アウターにはグリーンのバブア―を合わせることでクラシカルなムードに。

オトナのアメカジスタイルにもバブア―は大活躍です。

バブアー×ホワイトデニム

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Alexandre | Style de papa(@styledepapa)がシェアした投稿

ウォッシュドの利いたデニムジャケットにタイトなホワイトデニムを合わせた爽やかなスタイルにカーキのバブア―ジャケットを羽織り、渋さをプラス。

足元にはブラウンのダービーシューズで英国調のデイリースタイルの完成です。

バブアー×白アンクルパンツ

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

I’m G ⚓️(@_____g_u_i_d_o_____)がシェアした投稿

白のプルオーバーパーカーに白のアンクルパンツを合わせたスタイルにダークグリーンのバブア―のジャケットを羽織ったメリハリの利いたスタイル。

ダークブラウンのワークブーツをプラスして武骨なスタイルに仕上げています。

バブアー×ウォッシュドデニムジャケット

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

®️(@gentleman_fangio)がシェアした投稿

デニムジャケットの上に羽織るのに最適なバブア―。

ウォッシュドの利いたブルーデニムにタイトなホワイトデニムを合わせた爽やかなスタイルの引き締めにも大活躍です。

ベーシックなスタイルですが、インナーのオレンジのTシャツやベージュのワラビーシューズなど細かなところにも気を抜いていない上級者の着こなしです。

バブアー×ネイティブジャケット

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Clochard_9.2(@clochard_9.2)がシェアした投稿

赤系のネイティブなムードのストライプジャケットにベージュのチノパンを合わせた、ネイティブなムードのアメカジスタイルにショート丈のヴィンテージライクなバブア―ジャケットをオン。

足元にはライトブラウンのスウェードシューズを合わせて英国調のスタイルの完成です。

バブアー×黒モックネックニット

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

최진우(@ji_x_nu)がシェアした投稿

黒のモックネックニットにロールアップしたリジッドデニム、足元には黒のチロリアンシューズを合わせたミニマルなコーデ。

アウターにはルーズなバブア―の黒のジャケットを合わせることでこなれたスタイルに。

ダークトーンで統一しているのでかなり都会的です。

バブアー×白スウェット

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Monsieur Cam(@monsieurcam_)がシェアした投稿

白のスウェットにロールアップしたルーズなリジッドデニム、注目の黒のチロリアンシューズを合わせたデイリースタイルに、バブア―の定番ジャケットをオン。

赤のシャツのチラ見せもかなり効果的です。

バブアー×黒タイトパンツ

 

キルティング素材のバイカージャケットタイプのバブア―にタイトな黒のパンツを合わせた精悍な着こなし。

ブラックススタイルに白のTシャツとスニーカーがよく映えます。

バブアーでこなれたメンズスタイルが粋

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@jezverweij)がシェアした投稿

大定番アイテムであるバブア―のジャケット。

本国イギリスでは、バブア―のヴィンテージジャケットのみを扱うマーケットがあるほどの知名度を誇ります。

日本ではそれほどではありませんが、洒落者たちの間ではお馴染みのジャケットです。

使いやすく流行廃りのないアイテムなので、1着持っておいても重宝します。

さらに着用時期も長いので色々なスタイルを楽しむ事もバブア―の大きな魅力。

海外のメンズのように粋にバブア―ジャケットを羽織った春コーデを楽しんでみてはいかがでしょうか?

春の媚びないモテスタイルにこなれ感をプラスするには最適です。

laiter powered by BASE

ファッションWEBマガジンが展開するオリジナルロゴブランドです。ユニセックスで展開するTシャツ、スウェットをメインに販売…

この記事を書いた人

角谷良平
角谷良平
どっぷりファッション関係。ロンドンにて古着バイヤー、スタイリストを経てLAITERディレクターに。ファッションライター、コラムニスト、ファッションディレクターとなんでも屋。ハイブランドからストリートstyleまでメンズファッションに幅広く精通。

https://www.instagram.com/ryoheysumiya/