キムタク私物で話題のSUBCULTURE(サブカルチャー)とは?

Pocket

出典https://www.instagram.com/p/CQN8_gQD77u/

キムタクがインスタでも着用

 

この投稿をInstagramで見る

 

SubCulture(@sc_subculture_official)がシェアした投稿

木村拓哉氏の私服やプライベートで愛用しているアイテムを拝見できる。Instagram。

毎日更新してくださるので、チェックすることがルーティーンとなっているLAITER読者諸兄も多いのでは。

今回は、木村氏が頻繁に着用する、注目ブランドのSUBCULTURE(サブカルチャー)に迫ります。

媚びないモテスタイルにも最適なブランドです。

SUBCULTURE(サブカルチャー)とは

東京発のブランド

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

SubCulture(@sc_subculture_official)がシェアした投稿

サブカルチャーは1950、60年代のアメリカ西海岸の「サーフィン&バイカースタイル」をデザイナーの視点でデザインに落とし込んだ東京発のブランド。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

SubCulture(@sc_subculture_official)がシェアした投稿

当時のサブカルチャーをベースとした骨太なワードローブが揃います。特に【質】【着心地】に拘りヴィンテージにアレンジを加えたアイテムを展開。

ローンチされたのは2021年ごろで、取扱店もかなり少なく、常に品薄状態です。

特に木村氏が着用されたアイテムはプレミア価格で取引されています。

公式サイト

SC WEB STORE

アメリカ西海岸のサブカルチャーをデザイナーの観点からアイテムに反映させている。 特に【質】【着心地】に拘りヴィンテージに…

SUBCULTURE(サブカルチャー)のラインアップは

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

SubCulture(@sc_subculture_official)がシェアした投稿

 

サブカルチャーのラインナップ

・Tシャツ:12100円
・フーディ:24200円
・ジャケット:14300円~149600円
・ショーツ:24200円
・キャップ:6600円

Tシャツとパーカーがメインのブランドで、アイテム数は少な目。

まだローンチされたばかりなのでこれから増えていく可能性もあります。

 

人気のTシャツは約12000円、パーカーは約24000円なのでドメスティックブランドの平均くらいでしょうか?

洗いをかけたり、エジプト超長綿をブレンドした生地を使用するなどかなりこだわりを感じます。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

SubCulture(@sc_subculture_official)がシェアした投稿

ちなみに、オンブレチェックのウールジャケットやでディアスキンのレザージャケットはインスタや木村さーんで、木村氏が着用し話題に。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

SubCulture(@sc_subculture_official)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

SubCulture(@sc_subculture_official)がシェアした投稿

最近ではインスタでリジッドのファーストタイプのデニムジャケットも着用されていました。

 

SUBCULTURE(サブカルチャー)のテイスト

サーフ&バイカーテイスト

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

SubCulture(@sc_subculture_official)がシェアした投稿

クラシカルなサーフ&バイカースタイルがベースなのでアメカジスタイルやロックスタイル、スケータースタイルに似合うアイテムが豊富。ロゴアイテムや、スカルモチーフなどタフなアイテムが多い点が大きな特徴。

キムタク着のTシャツは買えるの?

既に完売

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

SubCulture(@sc_subculture_official)がシェアした投稿

既に完売です。オンラインでも購入できるのですが、Tシャツやパーカーに関しては全て完売です。

木村氏が着用されたスカルモチーフのTシャツはマジカルデザインの内山英雄氏が手掛けています。

今後も大注目の新生ブランド

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

SubCulture(@sc_subculture_official)がシェアした投稿

取扱店舗も少なく、木村拓哉氏がプライベートでも着用するブランドという事で既に大きな話題となっているSUBCULTURE(サブカルチャー)。

タフでラギッドなスタイルのアクセントに似合うアイテムが豊富です。

中々入手が困難なブランドですが、今後も大注目ブランドであることは間違いありません。

幸運にもゲット出来たらタフな媚びないモテスタイルをサブカルチャーのアイテムで格上げしてみてはいかがでしょうか?

公式サイト

SC WEB STORE

アメリカ西海岸のサブカルチャーをデザイナーの観点からアイテムに反映させている。 特に【質】【着心地】に拘りヴィンテージに…

laiter powered by BASE

ファッションWEBマガジンが展開するオリジナルロゴブランドです。ユニセックスで展開するTシャツ、スウェットをメインに販売…



メンズファッション ブログランキングへ

 

この記事を書いた人

角谷良平
角谷良平
どっぷりファッション関係。ロンドンにて古着バイヤー、スタイリストを経てLAITERディレクターに。ファッションライター、コラムニスト、ファッションディレクターとなんでも屋。ハイブランドからストリートstyleまでメンズファッションに幅広く精通。

https://www.instagram.com/ryoheysumiya/