ROLEX(ロレックス)デイトナとは?最高峰クロノグラフに迫る

Pocket

ロレックスのデイトナはロレックススポーツモデルの最高峰

いつかは手にしたいモデルといわれるデイトナ

ItsHot Jewelry

ROLEXと言えば説明不要の高級時計ブランド。時計ブランドの詳しくない方でもロレックスが高級時計であることはご存知かと思います。そして、ファッションに興味のある方で「ロレックスの名前を知らない方はいない」と断言してもいいかと思います。

 

View this post on Instagram

 

ROLEXさん(@rolex)がシェアした投稿

ロレックスの数あるモデルの中でも憧れとも言われる「ロレックスデイトナ」ロレックスフリークの憧れモデルであり、時計好きなら気になる存在のデイトナ。「つかはデイトナが欲しい!」と思っている御仁も少なくはないはずです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロレックス ROLEX コスモグラフ デイトナ 116500LN 【新品】 時計 メンズ
価格:2384700円(税込、送料無料) (2017/10/26時点)

今回は、ロレックスファンのみならず、時計好きを虜にする最強スポーツウォッチであるデイトナの魅力について迫ります。

スポンサー リンク

ロレックス(ROLEX)デイトナとは?

コスモグラフデイトナが正式名称

instagram.com

ロレックススポーツモデルの最高峰とも言われる、ロレックスデイトナ。正式名称は「コスモグラフデイトナ」。デイトナは、現行モデルで唯一のクロノグラフモデルです。デイトナと言えば「デイトナ・インターナショナルスピードウェイ」お思い浮かべる御仁もいらっシャツかと思います。

宇宙計画の為に誕生した腕時計

そのイメージから、モータースポ―ツの為に生まれた腕時計と考えられていますが、実はコスモグラフと言う名前からも想像できる通り「宇宙」を意識したモデルとも言われています。

宇宙と言えば1960年代に浮上した「NASAの宇宙計画」。アメリカのすべてをかけた一大プロジェクトでした。NASA公認のウォッチとして、デイトナは候補に挙がったといわれています。しかし、アポロ計画で、宇宙へ行った時計はロレックスではなく、残念ながらオメガのスピードマスター。

スピードマスターに敗れた、デイトナは、モータースポーツに特化したモデルへとシフトチェンジしたといわれています。

今でもデイトナはロレックスを唯一の現行クロノグラフウォッチであり、モタ―スポーツウォッチとして揺るぎない地位を獲得しています。

ロレックスデイトナの誕生はいつ?

1950年代にはデイトナの前身モデルは誕生

Sumally

ロレックスのデイトナのデビューは1963年。「コスモグラフデイトナ」の名前で発表されました。しかし、デイトナの前身モデルと言われるクロノグラフモデルは、1950年代に発表されています。

 

View this post on Instagram

 

@iceman284912がシェアした投稿

リファレント6238と言われるモデルを、デイトナの前進モデルと見るロレックスマニアが多い。しかし、ロレックスのクロノグラフ製作はなんと、1930年ごろから。エクスプローラー1が誕生する以前から製作には取り組んでいたと言われています。アンティーククロノグラフロレックスは、プレデイトナとロレックスファンには呼ばれています

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロレックス ROLEX コスモグラフ デイトナ 116500LN 【新品】 時計 メンズ
価格:2091000円(税込、送料無料) (2017/5/1時点)

アンティークロレックスでも、クロノグラフモデルを見かける事もあります。オーダーではクロノグラフを製作していた事もあるようです。ロレックスは今でこそ新作発表等の情報がクリアに公開されていますが、50年代、60年代はかなりの秘密主義。実際に当時の状況はよくわからないのが現実です。

スポンサー リンク

ロレックスデイトナは殆ど手に入らない時期があった

正規店では予約さえ受付できなかった

instagram.com

初期のデイトナは手巻きの30メートル防水。そしてデイトナが自動巻きムーブメントを搭載するまで約20年間使われてきたムーブメントです。つまり手巻きのクロノグラフムーブメントとしてはかなりの傑作だったという事です。精度の高いムーブメントと精悍でスポーティーなルックスでデイトナはロレックスを代表する時計となります。

世界的に大ブレークしたデイトナは、発売からすぐに入手困難な程の人気を博します。日本では60年代に国内でデイトナを購入できた人は、かなり少なかったと聞いています。70年代に入り、デイトナの存在が日本でも一部の時計好きの間で話題となります。

しかし流通数の少ないデイトナはいつ入荷するか分からない存在。予約さえ受付が出来なかった時期もあったそうです。

ロレックスの現行モデルの品番と価格は?

新型デイトナと言われる現行モデルとは?

今現在生産されているデイトナは2016年にバーゼルフェアーで発表された「新型デイトナ」と呼ばれるモデル。品番「116500LN」です。2000年に完全自社ムーブメントを搭載した新生デイトナが世界中で大きな話題となりました。

ロレックス社にとっても念願だった、自動巻きの自社ムーブメントのデイトナ。この新生デイトナから16年、経ってアップグレードした新型デイトナ。前モデルとルックス的にも大きな変更がありました。

ベゼルがステンレスからセラクロムへ変更。それによりベゼルが黒くなりより精悍なイメージが増しました。セラクロムへの変更はデザイン的なモノだけでなく、傷にもかなり強くなりました。前モデルの自社ムーブメントデイトナは「116520」とムーブメントの変更はないようです。

気になる金額なのですが定価は1,274,400円(税込)。しかし国内正規店での購入はかなり難しい。基本的に定価以上で販売されるロレックスのスポーツモデル。特に世界的に人気の高いデイトナはプレミア価格で販売されています。200万以上が相場と言われています。流通数が少し落ち着いてきた今でも中古でも190万以上はザラです。

ロレックスデイトナの品番と人気が気になる

新作の「116500LN」以外のデイトナも人気があるの?

instagram.com

今現行の新作デイトナはかなりの人気を誇っています。基本的にデイトナで人気のないモデルは存在しないと言われています。新作デイトナ以前のデイトナの本番と人気についてご紹介いたします。

品番116520

自動巻き自社ムーブメントを搭載したデイトナ。が116520です。2000年に大きな話題となった腕時計でさらなるデイトナ人気の火付け役とも言われています。

今までロレックスに興味のなかった人まで関心を持たせたモデルです。この時に開発されたムーブメントキャリバー4130は現行のデイトナにも搭載している。現在は製造中止で中古でも120万円程で取引されている。

品番16520

自動巻きデイトナとして88年に登場。クロノメーター規定となり、デザインも大きく変わります。この時防水も50メートルから100防水へとアップ。

ムーブメントはゼニスのエルプリメロベースのキャリバー4030。防水性に加え耐久性も手巻きデイトナに比べ飛躍的に向上している。2000年まで製造していた人気機種で今でもかなり人気が高い。生産終了して10年以上経っている為、数はかなり少なくなっています。かなりのプレミアがついているため、300万円台ならおすすめ。

品番6265

アンティークデイトナとしても人気の高い品番6265。自動巻きムーブメントを搭載するまでの手巻きデイトナをアンティークデイトナと呼ぶ事が多い。

87年まで約20年間ほど生産された手巻きデイトナ。元々人気の高かったモデルですが、自動巻きムーブメントへ変更になるとの発表後はさらに人気が加速。

金額も高騰しています。エキゾチックダイヤルと呼ばれるモデルも手巻きデイトナ。最も高価なロレックスとも言われ、ステンレスタイプでも優に1000万円を超える金額で取引されている。

ロレックスデイトナは有名人に愛用者が多い事でも有名

ステータスシンボルでもあるロレックスの最高峰

aBlogtoWatch

ステータスシンボルでもあるロレックス、そしてロレックスの最高峰スポーツモデルでもあるデイトナは有名人の愛用者が多い事でも有名です。現行モデルである116500LNをデザイナーのNIGO氏、トレンディエンジェルの斉藤司氏や宮迫博之氏も愛用されています。

 

View this post on Instagram

 

@jetlfc777がシェアした投稿

所ジョージ氏はアンティークデイトナの愛用者でも有名です。TOKIOの長瀬智也氏や嵐の松本潤氏もポールニューマンを愛用されています。

 

View this post on Instagram

 

fujiwarahiroshiさん(@fujiwarahiroshi)がシェアした投稿

スタイリストの野口強氏も90年代からデイトナのポールニューマンを愛用されています。アンティークデイトナが若者の間でブレークしたのは野口氏の影響も大きい。そして藤原ヒロシ氏も、アンティークデイトナを多数所有されています。デイトナの前身となるクロノグラフロレックスも所有されています。

ロレックスデイトナは最近のキムタクのメイン時計

キムタクは迫力のオールプラチナデイトナ

ロレックス、エクスプローラー1のイメージの強い木村拓哉氏。プライベートでも愛用されている事でも話題でしが、最近はデイトナがメイン。

 

View this post on Instagram

 

Time 4 Diamonds | Since 2005さん(@time4diamonds)がシェアした投稿

新作のデイトナのなんとオールプラチナモデル。ダイヤルはクールなアイスブルー。さんタクや「無限の住人」のPR時にもこのプラチナデイトナを着用されていました。解散発表後のハワイからの帰国時にもプラチナデイトナを付けていられましたんで間違いなく私物です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロレックス ROLEX コスモグラフ デイトナ 116506 【新品】 時計 メンズ
価格:7925400円(税込、送料無料) (2018/12/24時点)

一時期このプラチナデイトナも「キムタク着」と話題になり購入できなくなりました。700万円以上するモデルも完売させる木村拓哉氏は凄すぎる。

スポンサー リンク

ロレックスデイトナは最高峰クロノグラフ腕時計

世界で最も有名なクロノグラフウォッチ

Limited-Watches Inc.

ロレックスよりも高価な時計や高性能な時計は世界中にたくさん存在します。デイトナよりも優れたクロノグラフ時計もある中、最高峰とも称されるキング・オブ・クロノグラフと称されるデイトナ。

 

 

View this post on Instagram

 

Seiko-citizen-orient-directさん(@seiko_citizen_orient_direct)がシェアした投稿

歴史やデザインを含め、時計好きが陶酔する魔力のようなモノを感じる腕時計です。これから先もデイトナが時計好きの憧れである事は間違いありません。

【合わせて読みたいおすすめ記事】


メンズファッション ブログランキングへ

この記事を書いた人

角谷良平
角谷良平
どっぷりファッション関係。ロンドンにて古着バイヤー、スタイリストを経てファッションライター&シンガーソングライターとして生きてます。liter専属ライターであり、なんでも屋。ハイブランドからストリートstyleまでメンズファッションに幅広く精通。

https://www.instagram.com/ryoheysumiya/

Twitter でフォロー

メンズファッションブログランキング

ページ上部へ戻る