<ユニクロ>メンズダメージジーンズが凄い!女子も履いちゃう人気デニム

Pocket

あのユニクロにダメージジーンズ?!

2016年の秋からユニクロに登場しているダメージジーンズが今話題です。程よいダメージと履きやすいストレッチ素材、そして安定のユニクロ価格!

MEN スリムフィットダメージジーンズ ¥3,990

pinterest

今まではユニクロのデニムを買って自分でダメージを施していたという方もこれならその手間もかからず絶妙なダメージがすぐに手に入ります。

sponsored link

ユニクロのダメージジーンズのココが凄い!

もともとデニムの評価が高いユニクロ。お手頃価格でハイクオリティなデニムを送り出してきたユニクロのダメージジーンズの魅力とは?

MADE in JAPANデニム「カイハラ」との共同開発素材

UNIQLO

ユニクロのデニムといえば定番人気のセルビッチデニムがありますが、このダメージジーンズもセルビッチと同じカイハラ社による生地を使用しています。ストレッチが効いていて履きやすい上にダメージによる色落ち加減も絶妙という高いコストパフォーマンスのダメージジーンズはさすがユニクロ!

広告

このカイハラはなにがすごいのかというと、デニムを一貫生産できる日本で唯一の工場だからです。

世界から送られた原綿から、紡績、染色、織りまで、一貫した生地作りを行っているのは、国内ではここKAIHARAだけ。

出典:ユニクロだけを使って、オシャレに見せる方法やコーディネートの参考になるファッションサイト

さまざまなダメージを施した完成度の高さ

UNIQLO

穴が開いていなくきちんと当て布をしてあるリペアで大人メンズも履きやすいユニクロのダメージジーンズ。

UNIQLO

そのほかももや裾のダメージ加工やポケット付近のスクラッチ加工などさまざまな手法によってダメージを施してあります。自分ではなかなか出せないダメージを絶妙なバランスで加工してあるので買ったその日からカッコよく履けます。

一度履いたら病みつきの履きやすさ

UNIQLO

ノンストレッチのリジッドデニムもいいけれど、ストレッチでやわらかく履きやすいデニムはやはりいい!特にダメージデニムの場合はノンストレッチだと動いたときの生地への負荷でダメージが広がって破れてしまうことがありますが、ストレッチが効いていれば生地を無理に引っ張ることがないので安心です。

<ユニクロダメージジーンズ>スリムフィットってどんな形?

ユニクロのダメージジーンズは太すぎず細すぎないスリムフィット。実際履くとどんな形になる?

太すぎないから裾をロールアップしてもいい感じ

wear

ジャストサイズだとストレッチが効いているのですっきり見える

wear

ちょっとゆるめのサイズを選んでもだらしなくならない

wear

女子人気も凄い!メンズのダメージジーンズ

ユニクロにはレディースのダメージジーンズも用意されていますが、あえてメンズのものを履く女子が急増中!

メンズならではの本格的なデニムが女子心をくすぐる

レディースのダメージジーンズはピタッと細身のものやカットオフで裾が短くなっているタイプ。定番的なフルレングスで味のあるダメージ、そしてメンズの方は当て布がついたリペアなのも女子人気の理由のひとつです。

もっとハードなダメージがお好みなら<レギュラーフィットダメージジーンズ>

ユニクロにはもう一つメンズのダメージジーンズがあります。

MENレギュラーフィットダメージジーンズ ¥3,990

UNIQLO

コットン100%のレギュラーフィットタイプのダメージジーンズはノンストレッチならではの武骨な雰囲気がメンズっぽいハードな一本。ヴィンテージ風の雰囲気でアメカジスタイルがトレンドの今季活躍しそうなアイテムです。

待ってました!細身ではないカッコいいデニム!

最近は細身のデニムがトレンドでしたがこのレギュラーフィットデニムは丁度よいゆるさがカッコいいデニム。ダメージも当て布なしの加工が施されていたり男らしさがいい感じです。

sponsored link

ユニクロのダメージジーンズは一人一本必携のおしゃれアイテム

wear

この価格なら買ってみてもいいかも…と思わせるお手頃感とそれを上回る完成度にこれはもう買うしかない?!

ダメージもほどほどでハード過ぎないのでダメージジーンズ初心者の方でもチャレンジしやすいのもうれしい。春夏のカジュアルコーデにぜひユニクロのダメージジーンズを取り入れてみてはいかがでしょうか?

sponsored link

【合わせて読みたいお勧め記事】

参加中です


メンズファッション ブログランキングへ

 

Twitter でフォロー

メンズファッションブログランキング

ページ上部へ戻る