カリスマスタイリスト「野口強」の絶対的審美眼に迫る

Pocket

絶対的カリマス野口強とは?

日本を代表するカリスマスタイリスト

野口強の言う名前を聞いた事がないファッショニスタは皆無と言っても過言ではありません。日本を代表するトップスタイリスト、野口強氏に憧れてファッション業界に飛び込んだ人も少なくはないはずです。90年代以降、男性のスタイリスト志望者が急増したのは間違いなく野口氏の影響です。ファッションシーンのトップランナーである野口氏。愛用ブランドや身に付けたアイテムが即完売、そしてプレミア価格で販売されるという現象が20年以上も続いています。

スポンサー リンク

Fashionsnap.com

30代40代のファッションに精通してる男性で野口氏の影響を受けていない方の方が、少ないとまで言われるカリスマ。絶対的な審美眼を持つ野口氏のブレークさせてきモノやitemとは?

スポンサー リンク

野口強とは?

キムタクのスタイリストとして有名


野口強氏は大阪出身、スタイリストの大久保篤志氏に師事、89年に独立、つまり20年以上スタイリストとしてトップを走り続けているという事です。数々の雑誌や有名人のスタイリングを手掛ける野口氏を一躍有名にしたのは木村拓哉氏のスタイリングです。所謂、キムタクスタイルを作った人物であり、木村氏をファッションアイコンにした人物でもあります。木村氏とはプライベートでも交流がある程の仲です。

スポンサー リンク

野口強が流行らせたモノは?

NUMBER(N)INE(ナンバーナイン)

number-n-ine.seesaa.net

2000年前後に圧倒的な人気を誇ったナンバーナイン。孤高のカリスマデザイナー、宮下貴裕が手掛ける音楽の香りが漂うウエアーは若きファッショニスタを熱狂させました。ナンバーナインデビュー当時より野口氏はスタイリングを担当、ナンバーナインのパリコレデビュー時のスタイリングも手掛けています。自身もナンバーナインのitemをよく愛用されていました。特にレザーとサングラスは野口氏のアイコンとも言えます。

ドルチェ&ガッバーナのデストロイデニム

Vogue Magazine

2000年代前半に大ブレークしたドルチェ&ガッバーナのデストロイデニム、クラッシュデニムブームの火付け役でもあり、今ではドルチェ&ガッバーナを代表するアイテムです。野口氏が雑誌で頻繁に着用し日本ではプレミア価格で取引されていました。

dior homme(ディオールオム)

エディ・スリマンが手掛けたディオールオムも野口氏が愛用していたブランドです。特にエディデザインのレザージャケットの愛用が多かった。ナポレオンジャケットも野口氏が着用してあっという間に完売したアイテムです。

ヒステリックグラマー

ヒステリックグラマーは定期的にコラボレーションするほど親交が深いブランドです。レザージャケットやデニム、M65とこれまでかなりのitemをコラボレーションしてきました。言うまでもなく全てのitemが即日完売です。

ウルフズヘッド

スタッズブームを牽引した孤高のブランド、ウルフズヘッド。デザイナーである幹田氏が手掛ける芸術品とも言われるスタッズアクセサリーは見る者を圧倒します。ウルフズヘッドのスタッズブレスやベルトも野口氏が愛用しブレークさせたアイテムです。特にブレスレットは頻繁に愛用されていました。

スポンサー リンク

ラグスマックレガー

最近頻繁に着用しているドメスティックブランドです。野口氏のスタイリングにもよく登場するラグスマックレガー、Tシャツやライダース、デニム、ブーツ等を頻繁に着用されています。木村拓哉氏愛用ブランドでもあります。

SUPREME(シュプリーム)

異常ともいえる人気のシュプリーム。特にボックスロゴTシャツはかなりのプレミア価格で販売されています。野口氏もシュプリームのボックスロゴTシャツを愛用されています。

コディ・サンダーソンのバングル

今最も勢いのアクセサリーブランドであるコディ・サンダーソン。タカヒロミヤシタソロイストとのコラボレ―ションで爆発的人気となったブランドですが火付け役は野口強氏です。自身もコディのバングルを愛用しています。

マインデニム

#MINEDENIM #MINED 2017 SPRING/SUMMER LOOK

MINEDENIMさん(@mine_denim)がシェアした投稿 –

野口氏がディレクションを務めるブランドのマインデニム。300本以上のデニムを所有すると言われる野口氏が手掛ける本気のデニムブランド。今業界人が最も着用していると言われるデニムブランドです。

スポンサー リンク

野口強自身のスタイリングはメンズコーデのベース

男臭いスタイリングがやっぱりメンズstyleの要

Tシャツにデニム、そして革ジャン。足元はブーツかスニーカー。ワイルドでタフなアメカジベースの着こなしが野口氏のベースです。殆ど年中このstyleだという野口氏。男の最もカッコいいitemの組み合わせとも言えるシンプルなstyle。いつもと同じstyleが実は一番かっこいい事を証明してくれる野口氏の着こなし。もしかしたらファッションは難しい事なんて考えなくてもいいのかもしれません。「カッコよければそれでよし!」シンプル且つ明確な答えです。ホンモノを見る絶対的な目を持つ野口氏は本当にいいと思っているモノを身に付けているだけなのかもしれません。今後も野口強セレクトから目が離せません。

 

【合わせて読みたいおすすめ記事】


メンズファッション ブログランキングへ

この記事を書いた人

角谷良平
角谷良平

どっぷりファッション関係。バイヤー、スタイリストを経てファッションライター&シンガーソングライターとして生きてます。liter専属ライターでありなんでも屋。ハイブランドからストリートstyleが得意。


Twitter でフォロー

メンズファッションブログランキング

ページ上部へ戻る