2019SS新生セリーヌ(CELINE)始動開始!エディイズムとノスタルジーの違和感

Pocket

新生セリーヌが遂に始動

 

View this post on Instagram

 

CELINE CULTさん(@celinecult)がシェアした投稿

エディ・スリマンがセリーのデザイナーとしてカムバックするというニュースが届いたのが、今年の頭の2018年の1月21日。世界中のファッショニスタが歓喜の声を上げた吉報でした。

 

View this post on Instagram

 

Half-Hedi Boiさん(@halfhediboi)がシェアした投稿

世界中にファンを持つカリスマデザイナーであるエディ・スリマンは、フランスの老舗ラグジュアリーブランドのセリーヌ(CELINE)のデザイナーとしてカムバックを果たします。

 

View this post on Instagram

 

Devon Laiさん(@luvseint)がシェアした投稿

セリーヌはエディをクリエイティブディレクターに迎え、新たにブランド初となるメンズラインをローンチする事を発表しました。エディ・スリマンによる新生セリーヌへの期待は否応なしに高まります。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サンローラン コート トレンチコート アウター メンズ【Saint Laurent Double-breasted corduroy trench coat】
価格:625561円(税込、送料無料) (2018/9/29時点)

 

楽天で購入

 

そして遂に2018年9月にエディ・スリマンによる、新生セリーヌが幕を開けます。

スポンサー リンク

2019年春夏パリコレクションにてセリーヌ・バイ・エディスリマンスタート

 

View this post on Instagram

 

Error Digitalさん(@errordigital)がシェアした投稿

メンズレディース混合で行われたセリーヌ・バイ・エディスリマンのコレクション。会場にはエディと親交のあるセレブリティで溢れかえっていました。エディ・スリマンにファンを豪語するモード界の首領カールラガーフェルドや、zozoタウンの前澤社長カップルの姿を拝見する事もできました。

 

View this post on Instagram

 

Oscar Cheungさん(@asd222)がシェアした投稿

ブラックスーツに白のストライプシャツにナロータイのエディにアイコニックともいえるルックからスタートしたコレクションは、黒を基準としたモノトーンで構成されていました。

 

View this post on Instagram

 

DUST MAGAZINEさん(@dustmagazine)がシェアした投稿

スーツにテーラードジャケット、タイトなトレンチコートにチェスターフィールド。そして十八番のライダースジャケットやレザージャケット、レザーコートとエディ色の強いitemが目白押し。

 

View this post on Instagram

 

Mitchellさん(@ministryofpingas)がシェアした投稿

ボトムスもタイトなスラックスにレザーパンツといったエディの得意とするitemで勝負したファーストコレクションは、エディ・スリマン・ファンを大いに喜ばす結果となった事は間違いありません。

 

View this post on Instagram

 

Mouvement Ascendantさん(@mouvementascendant)がシェアした投稿

ボトムスに関しては今までのエディに作品に比べ少しルーズでエレガントに仕上がっています。プリーツ入りのスラックスはノスタルジーが漂い、エディ・スリマンの作品としては新鮮です。

 

View this post on Instagram

 

karenlingさん(@karenling)がシェアした投稿

スパンコールを大胆に使用したテーラードジャケットやカットソーはレディースのオートクチュール作品のようなグラマラスでフェミニンな印象が漂います。シューズは殆どポインテッドトゥを採用しセクシャルな足元を演出していました。

 

View this post on Instagram

 

Δαρειος dārayavahush dariodudeさん(@dario.dude)がシェアした投稿

エディ・スリマンの今までのコレクションに比べ、アダルトな雰囲気が漂うコレクションではありましたが、これといって真新しさを感じるルックはありませんでした。

スポンサー リンク

想定内のコレクションでスタートした新生セリーヌ

エディらしいが新鮮味は皆無

 

View this post on Instagram

 

JET MAGAZINE HKさん(@jetmaghk)がシェアした投稿

エディ・スリマンらしさが溢れるコレクションだったといえば聞こえはいいのですが、代わり映えしない想定内のコレクションでした。エディ・スリマンがデザインしている事が直ぐに分かるという意味では、エディ・スリマン・ファンやエディ・スリマン信者にとっては垂涎モノのルックのオンパレードだったように思いますが、個人的見解では期待はずれは否めないファッションショーでした。

エディ・スリマンが自身のブランドをローンチし行うならいいのかも知れませんが、ラグジュアリーブランドでは、常套手段の”エディイズム”はそろそろ限界のような気がします。ブレないスタイルを貫いたのか、これしか出来ないのかイマイチ消化不良のセリーヌのファーストコレクション。

懐かしさ=焼き増し感

得意にライダースジャケットやポインテッドトゥは、サンローランの時の焼き増し感が強く、レザーのテーラードジャケットやチェスターコートは初期のディオールオムを髣髴とさせるノスタルジーが漂います。

スポンサー リンク

エディというアーティストのベストアルバムのようなコレクション

 

View this post on Instagram

 

• Maison Gauche Saint • 메종세인트さん(@_slcious)がシェアした投稿

今までの名作を詰め込んだ”ベストアルバム”のような印象のセリーヌのファーストコレクション。この懐かしさには、エディ・スリマン信者以外のファッショニスタやセレブは、少し心配になった御仁も少なくないはずです。

勿論、悪くはないのですが、その程度で、セリーヌをエディ・スリマンが手掛ける意味が正直分からない疑問の残るコレクションだったと感じました。

2019年秋冬のセリーヌでの新たなエディイズムに期待

 

View this post on Instagram

 

CELINE CULTさん(@celinecult)がシェアした投稿

エディが自身のファンサービスとして今回のコレクションを行ったと信じて2019年の秋冬コレクションを待つ事にします。ちなみに本人の意図ではないかと思いますが、ストレス障害と闘っていたというアナウンスは必要なかったように感じます。メンズラグジュアリーブランドの勢力図には今回のコレクションでは、さほど大きな影響はないように感じました。エディ・スリマンには、過去のベストアルバムは要らないので新譜を期待したいところです。

【あわせて読みたいお勧め記事】

スポンサー リンク


メンズファッション ブログランキングへ

この記事を書いた人

角谷良平
角谷良平
どっぷりファッション関係。ロンドンにて古着バイヤー、スタイリストを経てファッションライター&シンガーソングライターとして生きてます。liter専属ライターであり、なんでも屋。ハイブランドからストリートstyleまでメンズファッションに幅広く精通。

https://www.instagram.com/ryoheysumiya/

Twitter でフォロー

メンズファッションブログランキング

ページ上部へ戻る