ファッショニスタはなぜルイスレザーに惹かれるのか?

Pocket

ファッショニスタが大好きなルイスレザー(Lewis Leathers)とは?

英国の老舗レザーウエアーブランド

空前のライダースブームである今季。世界的にもファッショニスタの革ジャン着用率がかなり高い!数あるライダースブランドの中でファッショニスタを虜にするブランドと言えば「ルイスレザー」です。革ジャン好きのファッショニスタが必ず気になるブランドとして名前を挙げるルイスレザーとは?

広告

realmccoys.co.jp

ルイスレザーは1892年、「Dルイス・リミテッド」という名で創立され、当時は洋服の仕立てや防護服の製造がメインの会社でした。創業100年以上の老舗ブランドが本格的に、モーターサイクルレース用の衣服である革ジャンを作り出したのは1926年。その頃はバイク用のレザージャケット以外にも、パイロットが着用するためのフライトジャケットも手掛けていました。

ルイスレザーの手がける保温性の優れたレザー製のパイロットジャケットは評判となり、イギリス空軍「RAF」の依頼により、フライトジャケットやパイロットスーツの製作も行っていました。

スポンサー リンク

1950年代にワールドチャンピオンがルイスレザーを着用し人気爆発

1930年代に入りイギリスではオートバイ産業が盛んになります。オートバイを乗る時に着用するライダースが、必要となります。ライダースは防寒性以外にも転倒した時のライダーを守る防護服の要素も求められます。1940年に入るとルイスレザーは耐久性に優れたライダースのオーダー製作を始めます。元々イギリス軍のパイロットジャケットを手掛けていたルイスレザーはその作りは、軍の折り紙付きです。

紳士服ブランドからスタートしたルイスレザーはデザインもスタイリッシュ。スタイリッシュで耐久性に優れたライダースが話題にならないハズはありません。ルイスレザーはプロのライダーの間でも評判となります。1950年代に入るとレーシングライダーの全てがルイスレザー製のライダースを着用します。つまりルイスレザーはプロ御用達のライダースジャケットブランドとして認知されたという事です。

1950年代にはオ―トバイレースのワールドチャンピオンがこぞってルイスレザーを着用、この事でルイスレザーの知名度と人気に火が付きます。

ルイスレザーが若者を熱狂させるきっかけとなったのは映画

マーロン・ブランド主演の「ワイルド・ワン(乱暴者)」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

乱暴者(あばれもの) [ マーロン・ブランド ]
価格:1000円(税込、送料無料) (2017/5/24時点)

英国バイカーの間ではルイスレザーの人気は不動のモノ、バイカーの間ではルイスレザーのライダースを着用する事がステータスシンボルとなっていました。ルイスレザーはバイカー以外にも若者のファッションitemとして注目されます。ロックミュージシャンやパンクロッカーが60年代にルイスレザーのライダースを着用したことがきっかけです。そして1953年にアメリカで公開されたマーロン・ブランドの「ワイルド・ワン(乱暴者)」が不良少年のスタイルを確立させたと言っても過言ではありません。

d-lewis.seesaa.net

マーロン・ブランド演じる「ジョニー・ステイブラー」の着こなしは今見ても最高にcoolであり、不良少年の象徴的style。「ダブルライダース=アウトロー」のイメージはこの映画がきっかけである事は間違いありません。何とイギリスでは”反社会的な内容”を理由として10年間上映の禁止が告知という曰くつき!それでもイギリスの不良少年たちはローマン・ブランドのポスターやブロマイドを参考に”不良style”を研究したようです。メインであるローマン・ブランドの着用しているライダースに注目が集まります。実はウエスト丈のジッパータイプのライダースはイギリスには存在していませんでした。

laboratory.paris-tx.com

イギリスの不良少年が求める革ジャンをルイスレザーが製作します。米国デザイナーのバド・ガンズ(Bud Ganz)を迎え「BRONX(ブロンクス)」というモデルを発表、不良少年たちがこぞってルイスレザーを買い求めた事は言うまでもありません。

ルイスレザーはロックスター御用達item

シド・ヴィシャスやポールマッカートニーも愛用

1970年代にはロックスターの着用が目立つルイスレザー。ポールマッカートニーもルイスレザーの愛用者でした。特にシドヴィシャスの着用が若者への影響が大きかったと言えます。70年代イギリスの若者を熱狂させパンクムーブメントの火付け役でもある「セックスピストルズ」のカリスマベーシストであるシド。スタッズやピンでカスタムされた通称”シドジャン”はパンクitemの代名詞であり、不良少年のアイコンとなりました。

スポンサー リンク

ルイスレザーはカリスマデザイナーからも絶大な支持

川久保玲もルイスレザーのファン

urdressingroom.com

ルイスレザーはファッショニスタからも絶大な支持を得ているライダースブランドです。コム・デ・ギャルソンのデザイナーである川久保玲女史もルイスレザーの大ファン。元々ライダースを好んで着用する事でも有名な川久保女史ですが、ルイスレザーにクロムハーツのアクセサリーは定番スタイル、自身のブランド”コム・デ・ギャルソン”からもコラボレーションライダースをリリースしています。日本でのルイスレザームーブメントはコム・デ・ギャルソンとのコラボレーションがきっかけかと思います。

ジョニオもルイスレザーを愛用

アンダーカバーのデザイナーの高橋楯氏もルイスレザーのファンです。自身でもよくルイスレザーを着用されています。アンダーカバーからもコラボレーションのルイスレザーがリリースされています。

日本でのルイスレザーの愛用者は?

クロマニヨンズの甲本ヒロト

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KAMINOGE(vol.59) [ KAMINOGE編集部 ]
価格:1030円(税込、送料無料) (2017/5/24時点)

日本を代表するパンクロッカーである甲本ヒロトもルイスレザーの愛用者です。プライベートでバイクにも乗る甲本氏はルイスレザーは手放せない相棒の様です。甲本氏はルイスレザーを着用しているイメージの強い日本の著名人です。

 

ルイスレザーが経営不振に陥った事があるってホント?

80年代はルイスレザーの低迷期とも言われる

addict-clothes.com

80年代はルイスレザーにとって厳しい時期だったと言えます。70年代に巻き起こったパンクムーブメントも沈静化し、オートバイブームも落ち着きを見せます。80年代から90年代前半まではルイスレザーは廉価モデルのリリースや買収問題に直面していました。そのルイスレザーの危機を救った人物が、デリック・ハリス氏です。デリック氏は全盛期のルイスレザーのモデルを復刻させることを提案します。これによりルイスレザーは低迷期を乗り切り、今のカリスマ的人気を手に入れる事となります。

ルイスレザーは英国最古のライダースブランドなの?

2015年までは英国最古のライダースブランド

ルイスレザーは英国最古のライダースブランドとよく言われます。1892年の創業の老舗ブランドのルイスレザー。2015年までは確かに英国最古のライダースブランドでした。では何故2015年までなのでしょうか?2015年に1876年創業のジェームスグロースが復活しました。これによりルイスレザーはルイスレザーが英国最古のブランドとはいい難くなりました。しかしルイスレザーが100年以上続く老舗ライダースブランドである事は間違いありません。

JAMES GROSE(ジェームスグロース)英国革ジャンにファッショニスタが夢中!

スポンサー リンク

ルイスレザーは男の憧れブランド

ライダースは男の永遠のmustアイテム


ライダースジャケットは男の憧れのitemです。そして今はライダースはファッショニスタを虜にするitemでもあります。ライダースブランドの老舗、英国ルイスレザーはやはり男の憧れブランドです。100年以上の歴史と色褪せないラギッドなスタイルはやんちゃな大人メンズを虜にしっ放しです。いつは手に入れたい一生モノのライダースである事は確実です。

スポンサー リンク

【合わせて読みたいおすすめ記事】


メンズファッション ブログランキングへ

この記事を書いた人

角谷良平
角谷良平

どっぷりファッション関係。バイヤー、スタイリストを経てファッションライター&シンガーソングライターとして生きてます。liter専属ライターでありなんでも屋。ハイブランドからストリートstyleが得意。


Twitter でフォロー

メンズファッションブログランキング

ページ上部へ戻る