JAMES GROSE(ジェームスグロース)英国革ジャンにファッショニスタが夢中!

Pocket

JAMES GROSE(ジェームスグロース)とは?

伝説の英国モーターサイクルレザーブランド

gq.com.tw

英国製の革ジャン、ライダースが大人気の現在。ジェームスグロースと言うブランドをご存知でしょうか?英国の老舗ブランド、レザーitemの評価の高いブランドですが調べてみますと、自転車やバイク、車のパーツやアクセサリーも扱っていたようです。つまりライダースもバイクのパーツやアクセサリー感覚で販売されていたようです。ジェームスグロースはデパートメントストアだったようです。

広告

日本ではあまり知られていないジェームスグロース

1876年の老舗なのになぜ?

ルイスレザーやエアロレザーのように英国製のライダースジャケット、バイカージャケットはここ最近かなり人気。ファッショニスタがこぞって英国製のライダースを愛用しています。つまりライダースは英国製が今はトレンド。しかし英国の老舗ブランドであるジェームスグロースは日本ではあまり有名ではありません。その理由は1971年にブランドが終了しています。その為知る人ぞ知る伝説のブランドとなっていました。

約40年振りに復活を遂げたジェームスグロース

復活や否や爆発的な人気へ!

ライダースブームや英国革ジャンブームの追い風もあり約40年振りとなる2015年にジェームスグロースは見事復活を遂げます。歓喜の声を上げたのは従来のファンだけではなく若きファッショニスタも。復活や否や本気の英国製革ジャンが大ブレークしたのは想像に難くありません。

スポンサー リンク

玄人はルイスレザーよりもジェームスグロースってホント?

ファッション関係者の着用率が高いジェームスグロース

Fernweh Antwerp

英国ライダースの火付け役ブランドと言えばご存知ルイスレザーです。1892年創業のイギリスを代表するバイカーズジャケットの老舗です。「英国ライダース=ルイスレザー」のイメージはファッショニスタなら当たり前とも言えます。ルイスレザーを脱いでジェームスグロースを羽織る玄人が多い!とは聞きますが、ルイスレザーがお好きな方はルイスレザー一本と聞きます。つまりマニアックな人がジェームスグロースを着ているワケではありません。あくまで好みです。

pixsta.com

どちらが上でもどちらが玄人好みでもありません。勿論今かなり注目を集めてるブランドがジェームスグロースである事は間違いありません。

ジェームスグロースの魅力って何?

ハンドメイドで仕上げる英国の堅牢でスタイリッシュな作りにファッション関係者は夢中

スポンサー リンク

instagram.com

ジェームスグロースの魅力は丁寧なハンドメイド製法。英国製のライダースジャケットはハンドメイドで仕上げる高級品も少なくありません。ジェームスグロースのライダースはまるでテーラードジャケットのような丁寧で堅牢な作りが魅力的です。アメリカ製ライダースとは一味違う所謂「ロンジャン」と言われるジェームスグロースのライダースはこだわりの強いファッショニスタを間違いなく虜にしています。

ジェームスグロースの人気の背景にはセレクトショップのレコメンド

エディフィス等のセレクトショップやユニフォームエクスペリメントとのコラボレーションでも話題

uniformexperiment.jp

ジェームスグロースは2015年に復活を遂げたブランドです。復活して間もないブランドなのですが人気は最早かなりのモノ。勿論、素晴らしいitemは宣伝しなくても良さが分かるとは言いますが、ジェームスグロースに爆発的人気の背景にはセレクトショップの別注や有名ブランドとのコラボレーションが後押しになっている事は間違いなりません。今季は人気ブランド、ユニフォームエクスペリメントからもコラボを発表して話題となっています。

ジェームスグロースのライダースの価格帯は?

14万円前後が相場

ジェームスグロースのライダースの気になる価格帯は14万円前後です。安い金額ではありませんが、英国製のハンドメイドライダースと考えれば妥当かと思います。間違いなく一生モノのライダース。大人が羽織る「本気のロンジャン」の価格としては寧ろお手頃かも?インポートブランドで、ライダースジャケットなので勿論小さなサイズから売れていきます。最小サイズである34や36はいつも品薄の様です。

広告

ジェームスグロースは間違いなく注目の英国ライダースブランド

ハードアメカジブームにあえて英国製の革ジャンがスタイリッシュ

90年代styleやハードアメカジブームが2017春夏のトレンド。このトレンドは世界共通です。そして春と言えば革ジャンです。Tシャツにデニムその上にライダースを羽織るアメカジコーデが90年styleのベースともいえます。モテメンズのファッショニスタにおススメのitemはライダースですがアメリカモノじゃなく英国モノが粋。ワイルドなアメリカブランドも勿論スタイリッシュなのですが、英国製のジェームスグロースは間違いなく旬です。

 

コンパクトなアメリカ製のライダースより丈の長めの英国製のライダース。実はインナーはタイドアップスタイルでもキマります。私角谷が最も気になっている英国ライダースのジェームスグロース。品薄状態になる前にGETしておいた方がベターです。私も購入を検討中です。

スポンサー リンク

【合わせて読みたいおすすめ記事】


メンズファッション ブログランキングへ

この記事を書いた人

角谷良平
角谷良平

どっぷりファッション関係。バイヤー、スタイリストを経てファッションライター&シンガーソングライターとして生きてます。liter専属ライターでありなんでも屋。ハイブランドからストリートstyleが得意。


Twitter でフォロー

メンズファッションブログランキング

ページ上部へ戻る