Cody Sanderson(コディ・サンダーソン)世界が注目するジュエリーブランドとは?

Pocket

Cody Sanderson(コディ・サンダーソン)とは?

今最も注目のジュエリーブランド

ne-ne

コディ・サンダーソンと言うブランドをご存知だろうか?今最も注目のアクセサリーブランドとも言われるコディ・サンダーソン。世界中のファッショニスタを虜にする注目ブランドに迫る。

広告

daftsoul.tumblr.com

コディ・サンダーソンはジュエリーデザイナーのコディ・サンダーソンが創立したシルバーアクセサリーを中心としたブランド。1999年ごろからオリジナルアクセサリーの製作を始めます。ナバホ出身のコディ氏ですが、所謂「インディアンジュエリー」を製作していたわけではありません。勿論ネイティブな要素を感じるでデザインではあるが「ナバホ族のインディアンジュエリー作家」が作ったそれとはまるで別物でした。コディ氏の作るアクセサリーは完全なるオリジナルでした。それを証明するかのように、2002年のサンタフェ・インディアンマーケットでは国内外のコレクターから高い支持を得ました。2008年には映えあるハード・インディアン・マーケット2008で、ベスト・オブ・ショーを受賞しています。今最も注目のジュエリーデザイナーであり、ジュエリーブランドであるコディ・サンダーソンがここまでブレークしたワケとは?

Cody Sanderson(コディ・サンダーソン)のジュエリーは入手困難?

手に入らないからさらに希少価値が高くなった

広告

Taipei Armor @chromeheartstommy @s_sevenstyles #navajojewelry #star #skull #silver #tattoo @chromeheartsofficial

Cody Sanderson MetalSmithさん(@codysandersondesigns)がシェアした投稿 –

「コディ・サンダーソンのアクセサリーは手に入らない」とよく言われています。入手困難となればおのずと価値が高くなるモノ。コディのジュエリーが高い人気を誇る理由に「希少性」が関係しています。コディ・サンダーソンのアクセサリーはハンドメイド。しかも全ての工程にコディの手が加わっています。骨の折れるパワーワークから繊細な工程までコディがこなす為、大量生産は不可能です。これが「希少性」を生む理由です。ハンドメイドがゆえに、同じデザインでも個体差があります。つまりコディのアクセサリーは全て1点モノ。「1点モノ」と言う響きもコディ・サンダーソンのアクセサリーへの付加価値を与えています。

Cody Sanderson(コディ・サンダーソン)の人気に火をつけたきっかけは?

タカヒロミヤシタソロイストとのコラボレーション

Pick one or all! #navajojewelry #silver

A post shared by Cody Sanderson MetalSmith (@codysandersondesigns) on

コディ・サンダーソンの名前が日本で広まるきっかけは、タカヒロミヤシタソロイストとのコラボレーションです。ナンバーナイン解散後2010年にソロイストを立ち上げた宮下氏は2011年にコディとコラボレーションでシルバーアクセサリーを発表します。国内ではコディとコラボレーションした最初のブランドがソロイストでした。世界的にもどこよりも早いコラボレーションだったと思います。

ナンバーナインよりもよりパーソナルなブランドを作ろうと設立したソロイスト。ナンバーナイン時より宮下氏の愛用するブランドとのコラボレーションは頻繁に行われていましたが、ソロイスト設立後さらに愛用ブランドとのコラボが増えました。コディ・サンダーソンは宮下氏が気になっていたブランド。宮下氏からの熱烈なラブコールを受けて実現したコラボレ―ションとも言われています。

有名人の着用とSNSも人気に拍車を掛けた

#codysanderson @serenapenaloza #silverrings #silverbracelet #plazahotel #NYC #nightrider

Cody Sanderson MetalSmithさん(@codysandersondesigns)がシェアした投稿 –

コディ・サンダーソンをここまで有名にしたのは著名人の着用も大きな要因です。コディのアクセサリーを身に付けた有名人がさらにSNSへ投稿。それを見たファッショニスタもコディのアクセサリーを手に入れ投稿。このSNSの連鎖は今では大きなコマーシャルであり、最も影響力を持つとも言われています。写真映えするコディのアクセサリーは瞬く間に世界中へと拡散されました。

Cody Sanderson(コディ・サンダーソン)を入手困難にしたのはやはりあの男!

キムタク着でお決まりの完売&プレミア価格

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

CODY SANDERSON(コディサンダーソン)Feather Head Star Bangle
価格:267840円(税込、送料別) (2017/5/4時点)

コディ・サンダーソンのアクセサリーは高価です。しかし高価なアクセサリーに関わらず完売、そしてプレミア価格で取引されていました。理由は木村拓哉氏の着用です。私物のゴローズのアクセサリーと共にコディ・サンダーソンのバングルを愛用していた木村氏。それを見たファッショニスタがこぞって同じバングルを求めたというワケです。相変わらずの影響力は流石!

Cody Sanderson(コディ・サンダーソン)の価格帯は?

バングル:20万円台後半

リング:3万円台から8万円後半

ペンダント:5万円台から

Cody Sanderson(コディ・サンダーソン)はシルバーアクセサリーブランドなの?

18Kを使用したCODY SANDERSON GOLD(コディ・サンダーソン・ゴールド)がデビュー

18kt Gold Fever! Ramping up for my December Shows in Australia and Japan. #gold #goldstar #navajojewelry #star

Cody Sanderson MetalSmithさん(@codysandersondesigns)がシェアした投稿 –

 

コディ・サンダーソンはシルバーアクセサリーブランドでしたが2016年に18Kを使用したコディ・サンダーソン・ゴールドと言うハイエンドラインが登場しました。ボリューム感のあるラグジュアリーなゴールドアクセサリーは圧巻の一言。やんちゃな大人に似合うハイエンドジュエリーです。ちなみに価格もかなりのモノ。コディを代表するスターモチーフのバングルで価格は530万円也。

今最も欲しいアクセサリーブランドのCody Sanderson(コディ・サンダーソン)

ファッショニスタを虜にし続けるハンドメイドアクセサリー

カリスマブランドとのコラボレーションや有名人の着用により爆発的な人気となったコディ・サンダーソン。カリスマ的な人気ブランドとなった今でもハンドメイドによる少量生産を貫いています。ジェリーデザイナーであると共に職人でもあるコディ氏の作るアクセサリーは一過性の流行りではなく、一生モノとして肌身離さずに身に付けるのに適しています。まるでお守りのように。18Kのハイエンドラインも加わったコディ・サンダーソンからますます目が離せません。

【合わせて読みたいおすすめ記事】


メンズファッション ブログランキングへ

 

この記事を書いた人

角谷良平
角谷良平

どっぷりファッション関係。バイヤー、スタイリストを経てファッションライター&シンガーソングライターとして生きてます。liter専属ライターでありなんでも屋。ハイブランドからストリートstyleが得意。


Twitter でフォロー

メンズファッションブログランキング

ページ上部へ戻る