ベージュに合う色を教えて!<メンズ冬ver.>パンツ編

Pocket

定番カラーだけれど意外と難しいベージュを制覇する!

ベーシックで合わせやすそうなベージュですが、実際に着てみるこれが意外と難しい。よくあるご意見は

地味に見える!

なんかぼやーっとした感じになる!

などが多いように思います。そんなベージュですが上品でナチュラルな印象もあってうまく合わせられるものならコーディネートに取り入れたい方も多い人気カラー。ベージュのアイテムをうまく着こなすにはどうすればいいのか、長年アパレルの現場でお客様を見てきたliter編集部やましたが詳しく解説します!

sponsored link

ベージュのパンツをおしゃれに着こなす

ベージュのパンツというとチノパンが思い浮かびます。ワーク系やアメカジ、アウトドア系などの着こなしにベージュのパンツは活躍します。クローゼットに一本は持っているあのベージュのパンツが活躍する時がやってきました!

初級編:トップスに重めの色を持ってくる

無地同士なのに地味じゃない。大人のベージュパンツコーデ

wear

柔らかくふわっとした印象のベージュを引き締める重めの色(黒や暗めのグレー、ネイビーなど)を合わせます。さらに足元を白にすることで上から順番に「重い色→軽めの色→もっとも軽い色である白」と自然に流れるのでまとまりが良いです。

アースカラーの着こなしをピシッと引き締めるネイビーのアウター

wear

ベージュのパンツに同じくベージュ系のセーターを合わせたワントーンコーディネートも上に羽織るアウターを重めの色にすることで引き締まりまとまりが良くなります。

ベージュパンツとジージャンは間違いない!

wear

ベージュとデニムの色合わせは最強です。さらにバッグで黒や色物をプラスしてもOKな鉄板コーディネートと言えます。寒い日にはジージャンの上にコートを羽織っても素敵です。

中級編:ビビッドな色や柄をチョイスする

個性的なアイテムを合わせたコーデもベージュのパンツでナチュラルに仕上がる

wear

他の色とケンカしにくいベージュは鮮やかな色ものや柄物とも合わせやすい!メリハリが出るのでオススメの着こなしです。特に冬の寒い季節に明るい色とベージュの色合わせは温かみがあって気分もアガりそうです。

ベージュのパンツが冬コーデに明るさをプラスしてくれる

wear

ニットの柄の赤とシューズの色を合わせてカジュアルだけど崩しすぎない大人のカジュアルといった印象です。さらに重めのネイビーで引き締めることでおしゃれ度UP!

アメカジスタイルにベージュのパンツは欠かせない

wear

インパクトのあるロゴのトレーナーともベージュのパンツは相性◎。これが無地のスウェットだとぼやーっとしてしまうところですが、ピンク寄りの赤のプリントと黒のシューズで引き締まっています。

sponsored link

上級編:ベージュ×ベージュをおしゃれに魅せる

アウターとパンツ以外を黒で揃えてcoolにまとめる

wear

ベージュと黒の色合わせは上品さがあり、さらに高級感もあるので大人メンズにぴったりです。マウンテンパーカーのインに黒のタートルネックニットを合わせることで都会的でおしゃれなスタイルに。

ベージュのアイテムに柄物をプラスして綺麗になりすぎない着こなしに

wear

全身をベージュや白で合わせるとどうも綺麗になりすぎる。でもちょっと柄物が入るだけでこなれた感じがプラスされ一気に取り入れやすいカジュアルさが生まれます。

ベージュからブラウンの同系色を重ねる着こなし

wear

同じベージュ系のアイテムだけれど色合いの違いで奥行きを出した重ね着スタイル。グレー寄りのベージュと暗めのブラウンでシックな印象です。

ベージュのボトムは冬コーデに明るさをプラスしてくれるおすすめアイテム

黒やグレー、ネイビーがどうしても多くなる冬。ボトムにベージュをプラスすれば全身の印象がそれだけでパッと明るくなります。トップスにベージュを持ってくるのが難しいと感じている方もボトムでまずは取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

【あわせて読みたい注目記事】

参加中です!


メンズファッション ブログランキングへ

Twitter でフォロー

メンズファッションブログランキング

ページ上部へ戻る