パンツとズボンどっちの呼び方が正解?スラックスやトラウザーズもあるよ

Pocket

メンズボトムの呼び方多すぎない?!

昔はなんでも「ズボン」だったはずなのに、いつの間にやら増えに増えてよくわからない事態に。しかも定番だったはずの「ズボン」という呼び方を使ったら

 

ダサッ

なんてことにも・・・でも結局どう違うの?!

「ズボン」はフランス語が由来

pinterest

jupon(ジュポン)というフランス語が由来という意外とおしゃれな「ズボン」。古くは幕末から日本に広まった言葉です。

そのほか主な呼び名はこのようになっています。

パンツ
英語のpantaloons
(パンタルーンズ)
ズボンと同じ。 カジュアル系
ズボン
フランス語のjupon
(ジュポン)
元々はスカートの中に履く ペチコート
スラックス
アメリカで誕生
スーツではない。
単品ズボンのこと。
 トラウザーズ
イギリスで使われる
言葉
スーツとして着用するボトム。
パンツよりもドレッシー。


pinterest

元をたどれば全部パンツ?それともズボン?

国によって呼び方が違ったり、そのボトムのテイストで呼び方が変わったりします。

よりカジュアルなものがパンツ、ズボンでもう少しキレイめになってスラックス、さらにドレッシーになってトラウザーズといった感じです。

また、最初はズポンという名称で呼ばれていたのですが、途中で下着の「パンツ」が登場したことによって混同するのを避けるために「ズボン」という呼び名が広まったとも言われます。

ということはそもそもは「パンツ」でそれが「ズボン」がメインになり、そしてまた今「パンツ」という呼び名が一般的になってきたということでしょうか。

これはパンツ?

pinterest

これはトラウザーズ?スラックス?

pinterest

難しいですね。でもやはりカジュアル寄りなものはパンツでキレイめだとトラウザーズ、よりビジネス仕様になるとスラックスというイメージです。(編集部やました感覚)

イントネーションで使い分けるパンツ

「パ」が高くて「ンツ」で下がる→ンツ

このイントネーションだと下着のパンツになりますよね。そして

全て高めのだと洋服のパンツになりそうです。また、そのほか下着のパンツのことを「ショーツ」というパターンもあります。これならば間違いありません。

○○ズボンと呼ぶと子供っぽくなる

「ズボン」だけだとそこまで気にならないような気がしますが(編集部やました調べ)○○ズボンと何かがくっつくと途端に子供っぽい(実際子供に対しては「ズボン履いて」と言っている気がします)というか、ちょっと古くなる感じが否めない気がします。(編集部やました的感想)

デニムズボン

白ズボン

スウェットのズボン

まずい感じがしませんか?これを

デニムパンツ

白パン

スウェットパンツ

なんだか都会的!!

反対に「パジャマのズボン」を「パジャマのパンツ」とは言いませんね。

「メンズのボトムの呼び方を考える」でした

pinterest

今回はどうでもいいような、でも気になるようなメンズのボトムの呼び方を考えてみました。結局、ズボン自体はダサくもなんともないし間違っていないけれどボトムのデザインが増えたこともあり今は「パンツ」がメインになっているのかなと思います。

濁点が二つ続く「ズボン」より「パンツ」の方が響き的に明るい印象になるのも良いような。

またある説では「ズボン」は

江戸時代末期に、穿く時に鳴る音の擬音「ズボン」から名称ができたという説もあり、これは『トリビアの泉』にて取り上げられた[1]。ただし、正確な由来はまだ分かっていない。

wikipedia

という話もあります。

難しく考える必要はないけれどちょっと色々考えてみました。

Twitter でフォロー

メンズファッションブログランキング

ページ上部へ戻る