ダウンジャケットのおしゃれすぎる着こなし〜着膨れしない30代モテstyle

Pocket

寒いから?いいえ、おしゃれだから着るのがダウンジャケットです!

ダウンの暖かさを知ると冬は手放せなくなりますよね。でもおしゃれメンズは「寒いから」という理由だけでダウンジャケットを選びません!理由はやっぱりおしゃれだから。スポーティーでカジュアルな着こなしからスタイリッシュでCOOLな着こなしまで幅広く楽しむことができるダウンジャケット。冬のデートにもぴったりなダウンジャケットの着こなしについて見ていきます。

ダウンジャケット着こなしPOINT〜アクセントに白を使う

どうやってもボリュームが出るダウンジャケット。見た目を重たくしないために白色を使った着こなしがかなりオススメです!

白パンツで冬も爽やか!

wear

最近は白パンツは通年の定番アイテムとして幅広い世代に人気。ダウンでボリュームがあるのでボトムはすっきりさせてバランスよく。

トップスを白にして明るく着こなす

EDIFICE

ダウンのインナーに白をチョイス。ボトムを黒で引き締めるスタイルアップコーデ。

ダウンベストに白ニット。キャメル×白の柔らかな色合わせがgood

beams

暖かな日にはダウンベストが使える!袖に白色を見せてより軽くカジュアルな印象に。

着膨れしないダウンジャケットの着こなし

ダウンジャケットを着るときのお悩みとして多いのが「太って見える問題」。中にダウンを入れて膨らませてあるので、無条件に「そんなことないですよ〜」っていうのはまぁまぁ信じがたいですよね。でも着膨れしないように少しでもすっきり見えるように着こなす方法はちゃんとあります!

キルティングになっていないダウンジャケットですっきり

wear

ダウンというと大体全体的にキルティングになっていてボンボンボンと大きく見えるのが普通。でも中にはキルティングになっていないけれどダウンが入っているというものもあります!アウトドアテイストのアイテムだとファスナーなどが機能的かつお洒落に使われていてそれも着膨れ防止に一役買っています。

ワントーンコーデをするならダークなカラーがオススメ

wear

ベージュのダウンにチノパン・・・みたいな全身ベージュ系よりも暗めのグレーや黒でワントーンを作った方が断然すっきり見えます。

モノトーンのグラデーションでモダンに着こなす

EDIFICE

グレー、黒のグラデーションに足元はパキッと白で引き締める。インナーに黒をチョイスしたら着膨れとはさよならできそうです。

パンツの形は細めかテーパードで「逆三角形シルエット」を作り出す

zozo

ダウンジャケットにワイドパンツだってもちろんナシではないけれど、より着膨れしないすっきり見える着こなしを目指すならボトムはスキニーパンツのような細身のものや、裾に向かって細くなるテーパードが◎。上半身が絶対に大きくなるので逆三角形シルエットをイメージして着こなすのがすらっとサンへの近道。

ワードローブから考えるダウンジャケットの色選び

たくさんのコートやジャケットを毎日着回すことができたらいいですが、寒い日に着るメインのアウターはどうしても同じものを繰り返し着てしまいませんか?

編集部やました、今年の冬はメンズ物のダウンパーカーばかり着ています!

合わせやすさNo,1とりあえず欲しい黒のダウンジャケット

zozo

何色のボトムでもドンとこい!の合わせやすさ最強の黒ダウン。様々なテイストのファッションを取り入れているという方も黒のダウンジャケットならば迷わず羽織ることできるのでオススメです。反対にボトムやトップスが黒ばっかり、という方だとダウンは黒以外の方が良かったりもします。

柔らかく見えるグレーのダウンジャケット

zozo

ボトムに黒やデニムが多い方はグレーもオススメです。明るいグレーにチノパンのようなベージュだとぼやけてしまうこともありますが、黒やデニムなどのはっきりとした色ならばむしろ暗くなりがちな冬コーデに最適なアウターと言えます。

爽やかスポーティーなブルー系ダウンジャケット

zozo

ブルー系にも様々な色のものがありますが、明るいブルーだとより爽やかにネイビーになると上品さと大人っぽさが感じられます。黒だと重い感じがするから・・・と思っている方はネイビーがぴったり。同系色のデニムパンツで合わせたりグレーのボトムとも好相性です。

冬コーデをカジュアルに、お洒落にしてくれるベージュ系のダウンジャケット

zozo

ダークな色のコーディネートにプラスすると全身を明るくまとめてくれる使えるアイテム。デニムを合わせたアメカジスタイルのほか、黒やグレー系と合わせて大人っぽくするのも◎。全身をベージュにするとちょっと難しくなるので、濃いめの色、もしくは真っ白のアイアテムと合わせるのがオススメです。

差し色系のダウンジャケットでコーディネートを新鮮に魅せる

zozo

カーキや赤、オレンジなどアクセントになるカラーのダウンジャケットも持っているとお洒落に差をつけることができるGOODな存在。休日の日だけに着るのなら、思い切ったカラーのものでも良さそうです。何年も愛用することを考えて、顔映りの良いしっくりくるカラーのものを妥協せずに選ぶのが大事。

寒い冬のメインアイテム<ダウンジャケット>

一番人目につくアウターをお洒落に着こなすことができたら、出かけるのもより楽しくなります。ワードローブに合わせやすい色やデザインを選んで冬のファッションをもっともっと楽しみましょう!

Twitter でフォロー

メンズファッションブログランキング

ページ上部へ戻る