【2017冬ユニクロ】30代メンズの為に今”買い”なアイテム選びました!

Pocket

ユニクロ着てるとモテないなんて嘘!!ユニクロでイケてるメンズになれる

広告

ユニクロ着てるメンズがダサい?!

それはたぶん思い込みです。そして反対に高い服着てるからっておしゃれでかっこよくてモテるとも限らない。お手頃価格で店舗も多く、オンラインでも気軽に買えるユニクロの服をおしゃれに着こなすことができれば言うことナシ!今回は長くファッションの現場にいたliter編集部やましたが独断で今買いたいユニクロアイテムをPicUpします!

広告

<2017冬>今買うべきユニクロアイテムを独断でPicUp

今買うべきユニクロアイテムは

・春先まで使える・オンオフどちらも活躍・ベーシックで着回しできる

そんな使えるアイテムをチョイスして賢くおしゃれをたのしみましょう!

ウルトラライトダウンのVネックベスト

UNIQLO

ウルトラライトダウンのシリーズにはいろいろなタイプがありますが中でも真冬から春先まで活躍するという点でVネックのベストを推します!

そのまま一枚で着るとカッコいいとはいいがたいのですが、インナー使いにとてもgood。インナー使いのために高価なダウンベストを買うのはちょっと躊躇しますがユニクロなら高くても4000円ほどで見つかります。

Vネックならスーツの中に着ても野暮ったくならずすっきり。オンオフどちらも活躍するので今買っても損なし!

カジュアルに着まわすインナーダウンはおしゃれメンズへの第一歩

wear

屋外と室内の気温差にもスマートに対応できるインナーダウンならもこもこの屋外仕様のまま建物の中で汗をかく必要がありません。しかも脱いでもかさばらないのがうれしい。

wear

ジージャンやスプリングコートの中にも着やすいインナーダウンなら寒さを我慢しないで季節を先取りできます。

コットンカシミヤのケーブルクルーネックセーター

UNIQLO

コットンとカシミヤの混紡は両方の良さをあわせもった上質素材。カシミヤ100%やウール混紡だとフカフカしていて暖かいのですが春には暑い。コットン100%やウールとコットンの混紡だとカジュアルな印象に。その点コットンとカシミヤのいいとこどりのセーターは肌触りがとても柔らかく軽い着心地で、暖かさもあるので冬から春先まで十分活躍できます。この上質素材セーターが2,990円(税抜き価格)はかなりコスパ高めです!

ケーブルニットは簡単コーデをおしゃれに魅せてくれるお役立ちアイテム

wear

シンプルコーデもセーターがケーブル柄だとおしゃれ度があがります。きれいめなコーデでもカジュアルにダウンベストを羽織ったスタイルにもハマります。

エクストラファインコットンブロードのギンガムチェックシャツ

UNIQLO

ニットのインナーに、パーカーのインナーにと真冬も活躍するシャツ。アメカジテイストのチェックのネルシャツもいいですが、今から買い足すならコットンブロード素材のギンガムチェックがイチオシです。オールシーズン使えるブロードシャツは春先ももちろんOK。そしてさわやかなギンガムチェックで着こなしにアクセントをつけてくれます。モノトーンコーデやカジュアルなスタイリングにも合わせられるベーシックなギンガムチェックはおしゃれな着こなしに役立つ一枚です。

ヘビーアウターのインナーにシャツはおすすめ!

wear

カナダグースなど本気で暖かいアウターの中にさらにあったかセーターを着こむと暑すぎて汗をかいてしまうということはありませんか?そんなときはインナーにチェックシャツのような軽めのものをえらぶと快適です。コットンブロードのシャツならば洗濯もしやすいので便利です。

スウェットプルパーカ

UNIQLO

超定番のパーカー。そろそろ買い替え時では?今回お勧めしたいのはジップアップではなくプルオーバータイプのパーカーです。中にシャツを着て襟をみせてもおしゃれなプルオーバータイプはそのフードがポイントです。

UNIQLO

顔周りにボリュームが出るので後ろから見てもフードの立体感がおしゃれ!ジャケットやコートのインナーにも使えるのでジップアップタイプを持っているという方もぜひプルオーバータイプをワードローブに加えてみてはいかがでしょうか?

wear

ユニクロで冬から春の30代メンズのおしゃれはバッチリ!

冬物をがっつり買い足す気分ではないけれど着こなしがマンネリになってしまっておしゃれっぽさが低下中のあなた。ぜひユニクロアイテムをプラスしておしゃれに冬から春をたのしみましょう!

今が買いなアイテムのポイントは

素材感が冬っぽ過ぎない、オールシーズンOK風(実際は夏は着れなくてもそこは気にしない)

春先取りコーデに使える

迷ったら色はモノトーンが吉(オンオフ)どちらも使えればなおよし!

▼関連記事
シンプル&ベーシックStyleを目指すメンズのためのブランドリスト sponsored link

【合わせて読みたいお勧め記事】


メンズファッション ブログランキングへ

Twitter でフォロー

メンズファッションブログランキング

ページ上部へ戻る