【身長+5cm体重-5kg】スタイルアップを叶える6つのメンズコーデ術

Pocket

男の冬コーデをスマートに魅せたい!今すぐできるテクニック

wear

身長や体重を気にしている男性はとても多いですよね。

「身長が170cmしかなくてコンプレックス」

「30歳を超えたころから体重が増えて、着ぶくれする」

「脚が短いので、細身のパンツを履きこなせない」

などなど。

メンズコーデをスタイルアップさせるには、6つのコーデ術を取り入れろ!

身長や体重、脚の長さなど、メンズコーデをスタイルアップさせたい人は、今からご紹介するコーデ術を取り入れてみてください。

簡単にできるものばかりなので、ぜひ挑戦を。

女性から見ても「おしゃれ!」と思ってもらえるテクニックばかりです。

▶①”インナーちら見せ”でコーデに奥行を

wear

冬のコーデにインナーは必須ですね。

そんなインナーは、ぜひ見せるアイテムを取り入れて、コーデに奥行きを持たせましょう。

例えばこちらのように、白アイテムをパーカーから”ちら見せ”させてメリハリをだすのです。

普通にパーカーを着るよりもオシャレに見えますし、コーデに深みが出ます。

脚の長さや太さ、マンネリを防いで冬コーデが一気に華やかになりますよ。

▶②長めのアウターにはブーツよりもロールアップが身長+5cm

wear

冬に良く着る長めのアウター。そして、ブーツも良く履きますね。

しかし、この組み合わせ、コーデがもたつきやすく、脚が短く見えたり重たくなってしまう可能性の高い組み合わせなんです。

ロング丈のアウターを着るのなら、ブーツではなくロールアップをおすすめします。

こちらのように、ロールアップ+メリハリ靴下+革靴なんて、とってもおしゃれです。

こうすることにより、コートが引き立ちスマートな印象に。

もちろん、お気に入りのスニーカーでもOKです!

▶③帽子は身長を高く見せたい男の強い味方

wear

多くの人が持っているニット帽やハットなどの帽子アイテム

これは、メンズコーデをスタイル良く見せるのにとても重宝するアイテムと言えます

こちらのコーデでも、ニット帽があるのとないのでは、大きな差が出ます。

コーデの上の方に目線がいくだけで、身長は不思議なほど高く見えます

物足りないコーデも一瞬にしてセンスUP。

▶④脚に自信がない人ほど、細身ボトムでスマートに

wear

脚が太い、短いなど、脚にコンプレックスがあるメンズは意外と多いものです。

つい、ダボ系ボトムやジャージで誤魔化していませんか?

実は、脚に自信がない人ほど履くべきなのは、スキニーなどの細身

シルエットを出す方が美しくカッコいいラインを演出しますよ。

また、アウターを羽織る冬の方が、夏よりも細身ボトムを履きこなしやすい季節

冬は自然とトップスにボリュームが出るので、細身のラインがきれいに見えるのです。

▶⑤冬のブラックコーデはスポーティーが正解

wear

黒は引き締めカラーとして年中使いやすいですが、冬は重たくなってスタイルが崩れやすくなる色でもあります。

冬に黒を着るなら、シルエットはスッキリまとめておきたいですね。

また、おすすめなのはスポーティーコーデです。

スポーティーな素材やブランドアイテムを取り入れるだけでコーデに動きが出ます。

スポーティーに黒を着まわすと、スタイリッシュさとアクティブさがMIXされてコーデが軽くなります。

スニーカー、キャップを取り入れるのもOKですし、アディダスなどのスポーツブランドもうまく活用してみましょう。

▶⑥太めのパンツはコンパクトなアウターでまとめろ

wear

アメカジやストリートが好きな人は、太めのパンツ派な事も多いですね。

カッコよく、しかもスタイル良く見せるならトップスは冬でもコンパクトにまとめましょう。

冬にはこちらのように革ジャンも似合います。

また、ダウンベスト、ブルゾンなんかもおすすめです。

コンパクトなアウターで、ボトムのボリューム感を引き立ててください。

▶メンズの冬のコーデは着やせするチャンス!

メンズの冬コーデは、着ぶくれしやすい・まとまらない・もたついて見えることが多いですが、うまく着まわせば着やせできるチャンスにもなります。

ボトムやトップスのサイズ感、色合い、アイテム選びをちょっと工夫して、今日からの冬コーデでスタイルUPを目指してくださいね!

この記事を書いた人

山崎まなみ
3人の娘と自由な旦那と暮らす大阪出身主婦兼ライター。基本カジュアル好き。こだわりのブランドはなし、古着もOK。関西人ならではの自由な発想で理想のおしゃれを提案します。

Twitter でフォロー

メンズファッションブログランキング

ページ上部へ戻る