【営業マンの髪型】取引先からの好印象確実なヘアスタイル集

Pocket

営業マンの髪型次第で、営業成績は伸びる!

取引先からの好印象をゲットするヘアスタイルを作り出そう

pinterest

営業として働く男性にとって、髪型はとても大切ですね。

上司だけでなく、取引先からのイメージもあるので、オフの日よりもセットに気合いが入るという人も多いはず。

今回はそんな営業マンの髪型をご紹介します。

取引先から好印象をゲットするためには、どんな長さやセットがベストなのか?

嫌味もなく、かつカッコよく、営業成績も上がる

そんな理想の営業マンのヘアスタイルを解説します。

広告

①髪質が硬い人は「束感」を作ってメリハリセットを!

トップの髪を束にして立たせれば、顔立ちが引き締まりクールな印象

 

pinterest

髪質が硬い人や、髪の量が多い人向けのセットです。

束感を重視したセットで、髪に立体感を出すと髪質の良さを引き出せます。

スーツスタイルにおいては、顔回りの印象をアップさせて若々しさを出したいところ。

前髪も根元から立たせて、目力をアップさせてください。

取引先からのイメージも良く、印象に残りやすいスタイルです。

②普通毛~柔毛の人は、ナチュラルにセットして失敗を防ぐ

根元からワックスを馴染ませて正統派スタイルに調整

pinterest

普通毛柔毛髪の量が少ない人は、根元から立ち上げるようなセットがやりづらいですよね。

そういった場合には、無理に髪を立たせようとしないことをおすすめします。

リッジを付けようとしすぎると、ワックスの付けすぎや髪の流れが乱れてしまい、せっかくのスーツスタイルが台無しに。

髪質が柔らかい人や細い人、量が少ないという人は、無理のないセットが最もベターでカッコいいです。

ワックスもハード系よりはナチュラル系がおすすめ。

広告

 

③外資系営業マンは華やかなスタイルでフェミニンに

大人の7:3セットできちんと感+オシャレ感

pinterest

営業マンにも様々なジャンルがありますが、取引先がファッショナブルで華やかな場合、こちらもセンスの良さをぜひアピールしたいところ。

7:3スタイルはやりすぎなければスーツスタイルにもハマりやすく大人っぽい印象になります。

営業マンとしても余裕を感じるので、取引先からも安心感を得られるのではないでしょうか。

髪の流れに沿って分けやすい場所で7:3分けにします。

そこからコームで溶かしワックス、もしくはジェルを使用し髪を整えましょう。

トップにはボリュームを、サイドは落ち着かせてボリュームダウンがポイント。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【最大200円クーポン♪】アリミノ BS STYLING FREEZEKEEP …
価格:810円(税込、送料別) (2017/1/18時点)

 

④ツーブロックがベースの営業マンは髪の流れを意識したスタイル作りを

オフの日にもオシャレを楽しみたいならツーブロックがおすすめ

pinterest

営業マンは短髪、というイメージがあり、髪型で遊べないのが悩みだという人も多くいます。

確かにパーマやカラーはなかなか踏み出せない環境が多いので、スタイルに飽きてしまいやすいですね。

そんな時にはツーブロックがおすすめ。

同じショートスタイルでも、印象が大きく変わるのでイメチェンに最適です。

営業マンにとってツーブロックはNGではありません

やりすぎない程度のツーブロックならカッコよくてスーツも似合います

ただし、仕事の日には派手すぎるセットではなく、髪の流れに沿ったセットで落ち着きをアピールしましょう。

こちらのスタイルでも、トップはボリュームを出してサイドは抑えてください。

⑤動きを出してちょっとだけやんちゃにキメる

攻めたい日には、毛先で遊ぶのもオススメ

pinterest

営業マンでも、たまには攻めたい日もあります。

取引先へも、時にはイメージを変えて変化球を投げても良いのではないでしょうか。

同じスタイルでも、毛先で遊べば動きのあるスタイルへ一変。

毛先を軽くつまんで外ハネにしたり、束感をランダムで出すと遊び心溢れる髪型になります。

ワックスはハードタイプがおすすめです。

なんてことないショートヘアでも、ちょっと動きをだすだけでこなれた営業マン風になります。

 

営業マンの髪型はセット次第で大きく変わる!

カラーやパーマができない営業マンでも、セットの仕方を変えるだけでイメージが変わります。

基本的には、髪の流れに沿ってナチュラルにまとめるのが、最も好印象。

そんな中でも、時には遊びのあるスタイルで営業マンらしいオシャレを楽しんでください。

【合わせて読みたいお勧め記事】


メンズファッション ブログランキングへ

この記事を書いた人

山崎まなみ
3人の娘と自由な旦那と暮らす大阪出身主婦兼ライター。基本カジュアル好き。こだわりのブランドはなし、古着もOK。関西人ならではの自由な発想で理想のおしゃれを提案します。

Twitter でフォロー

メンズファッションブログランキング

ページ上部へ戻る